T367

今回は、対潜のお話です。
17春イベントでの海防艦の登場と、新しい軽空母大鷹の登場、新装備爆雷軌条の登場で、潜水艦に対する攻撃、編成方法などにも変化が起こりました。
そこでここでは、改めて潜水艦との対潜、装備について考察していきます。


水上艦と潜水艦(戦闘の違い)

7033
水上艦は、艦のステータスに「対潜値」を持っていると、潜水艦に対し爆雷を投下して攻撃することができます。爆雷は(映画等で見た事あるかと思いますが)水上から海中に投下して、爆発させて攻撃するもので、数撃ちゃ当たるみたいな攻撃方法です。
この対潜値を高める装備を積むことで攻撃力が増していきます。対潜値の付く装備にはソナー(聴音機、探信儀)や爆雷投下機、海防艦実装で新たに登場した爆雷(軌条型)などがあります。
また軽空母は艦上攻撃機や爆撃機を搭載することで潜水艦に対し攻撃が可能になります。また航空巡洋艦・航空戦艦は水上爆撃機を搭載することで潜水艦に対し攻撃が可能になります。

敵艦隊に水上艦と潜水艦が含まれているような場合、潜水艦に対して攻撃可能な艦は、潜水艦を優先して攻撃し、水上艦には攻撃しませんので注意が必要です。
一方、潜水艦は水上艦に対し雷撃を行います。ただし、第二次世界大戦当時は、技術的に潜水艦同士の雷撃戦は行なえませんでした(現代は可能ですが…)。それを反映して潜水艦は、潜水艦に対し攻撃することはできません。また、地上施設の深海棲艦に対しても攻撃しません。

水上艦Vs潜水艦
場面 水上艦 潜水艦
航空戦 参加しない 参加しない
先制爆雷 可能艦が爆雷投下 参加しない
開幕雷撃 参加しない 可能艦が水上艦に対し攻撃
砲撃戦 軽空母・航戦・航巡…攻撃機が爆雷投下
海防艦・駆逐艦・軽巡…爆雷投下
重巡・正規空母・戦艦…攻撃しない
参加しない
雷撃戦 参加しない 水上艦に対し雷撃
夜戦 海防艦・駆逐艦・軽巡…爆雷投下
それ以外…攻撃しない
水上艦に対し雷撃
※軽空母・航戦・航巡の他、水上機母艦、揚陸艦、潜水母艦等攻撃機搭載可能艦が攻撃可能

潜水艦へ攻撃できる艦と装備

7034
潜水艦に攻撃ができるのは、原則として対潜値が1以上の水上艦と潜水艦を攻撃できる艦載機(攻撃機と爆撃機)を搭載した軽空母、水上機母艦、航巡・航戦です。
対潜値が1以上の水上艦は、スロットに搭載した装備によらず、爆雷を投下します。ソナーや爆雷を搭載する必要はありません。しかし、素の対潜値だけでは低いので効果的な攻撃は行なえません。しかし、ソ級・ヨ級・カ級のノーマル艦~エリート艦程度であれば対潜装備を載せなくとも一撃で沈めることも可能です。1-6や西方海域に出てくる潜水艦に対して対潜装備を積まなくても十分に突破可能です。
しかし、ソナー(聴音機や探信儀)や爆雷(投射機や軌条型の新しい爆雷)を搭載することで、対潜値を大幅に引き上げてくれます。また、ソナーと爆雷投射機の組み合わせや、ソナーと爆雷投射機と軌条型の新しい爆雷の組み合わせでシナジー効果として補正がかかり与ダメージが増加します。

7036
軽空母や水上機母艦は搭載する艦載機(艦上攻撃機・艦上爆撃機、水上爆撃機)が飛び立って潜水艦に攻撃します。速吸は艦攻が積めるので艦攻を積んだ場合は、艦攻が攻撃を、搭載していない場合は普通の水上艦同様爆雷投下を行います。

潜水艦に攻撃が可能な艦
艦種
海防艦 攻撃可能(爆雷投下)
駆逐艦 攻撃可能(爆雷投下)
軽巡・雷巡 攻撃可能(爆雷投下)
軽空母 攻撃可能(攻撃機による爆雷投下)
※鈴谷航改二のみ、敵水上艦がいる場合は敵水上艦を優先して攻撃する。それ以外の軽空母は潜水艦のみ攻撃する。
航巡・航戦 攻撃可能(水上爆撃機による爆雷投下)
揚陸艦 攻撃可能(対潜哨戒機・カ号観測機による攻撃)
基本的に「対潜」ステータスのある艦は攻撃可能です。艦載機によって攻撃する艦は搭載することで攻撃が可能となります。ただし、水上戦闘機は対潜値を上げることはできますが、それだけでは攻撃できません。

潜水艦に攻撃可能な装備
艦種
すべての水上艦 艦のステータスに対潜値があるものは装備の有無に関わらず攻撃します
航戦・航巡 水上爆撃機を搭載すると攻撃します
軽空母 艦上攻撃機・艦上爆撃機・対潜哨戒機・オートジャイロ搭載時に攻撃可能
大鷹…艦上攻撃機・艦上爆撃機搭載時に攻撃可能
大鷹改…艦上攻撃機・艦上爆撃機・対潜哨戒機・ソナーが搭載可能
水上機母艦 水上爆撃機・爆雷投射機を搭載すると攻撃します
秋津洲…水上爆撃機・爆雷投射機の他水上戦闘機、ソナーも搭載可能
揚陸艦 対潜哨戒機・オートジャイロ搭載時に攻撃可能
補給艦 神威…攻撃不可(搭載数0のため)
速吸…対潜値を持っているのでそのまま攻撃可能。艦上攻撃機、水上戦闘機・オートジャイロ、ソナー搭載可能
※改修により対潜値を持つようになる艦もあります。
※航巡・航戦やイタリア重巡・潜水母艦に水上戦闘機のみを搭載しても潜水艦に攻撃しません。(速吸は元々対潜値を持っているので爆雷攻撃を行います)

敵が水上艦との混成編成の場合の注意点
対潜攻撃が可能な艦は、潜水艦を優先して攻撃します。水上艦との混成の場合は注意が必要です。ただし、鈴谷航改二は特殊で水上艦がいる場合は水上艦を優先して攻撃してくれます。

対潜先制爆雷攻撃

7037
▲対戦形態が表示された時(砲撃戦が始まる前)に、敵潜水艦がすべて沈んでいます

「五十鈴を真っ先に育てて改二にしろ」と言われる理由は、その五十鈴改二が固有に持っている能力、対潜先制爆雷攻撃にあります。これは、航空戦のあと、開幕雷撃より先に攻撃できる能力です。
五十鈴改二は無条件で発動します。それ以外の(潜水艦に対して攻撃な)水上艦は、装備込みの対潜値が100以上でソナーを積んでいると発動可能になります。
なお、爆雷攻撃は、潜水艦に対し、爆雷を海中に落として攻撃する方法ですが、対潜値のある水上艦は全てがそれを行います。爆雷投射機を積む必要はありません。
上の画面ショットのように、砲撃戦が始まる前にカ級エリートは沈んでいます。
実際は、開幕雷撃は砲撃戦の前に行われますが、先制爆雷はその開幕雷撃より前に行うため、ミスが起きなければ無傷の完全勝利でAマスを通過することが可能です。
道中もうまくカ級エリート・ヨ級エリート艦にあたれば、事故率は更に減って、ほとんどの対戦で完全勝利も可能となってきます。(敵の開幕雷撃がミスすればですが…)

素の対潜値 対潜値100に届く装備組み合わせ
64 四式水中聴音機×3
68 四式水中聴音機×2+三式爆雷、四式水中聴音機+三式水中聴音機×2
70 三式水中聴音機×3、四式水中聴音機+三式水中聴音機+三式爆雷
72 三式水中聴音機×2+三式爆雷

海防艦の登場で変わる1-5周回

7030
17年春イベントで登場した海防艦は対潜哨戒・攻撃に適した艦種です。
驚くことに初めから対潜値が高く、レベルが上がると共にどんどんその値も増えていきます。
更に艦種固有の能力として、これまでの対潜先制爆雷攻撃の発動条件とは違い、対潜値60で発動可能になります。択捉はなんと、レベル3で四式ソナー2つ搭載でこの値に到達してしまいます。
また同時期に実装された軽空母大鷹(入手時は春日丸)は、対潜値65以上で九七式艦攻(九三一空)か天山(九三一空)を搭載すると先制対潜爆雷(艦載機からの投下)が可能となります。
軽空母はボスマス到達のルート固定要員ですので、海防艦3隻+大鷹で4隻による先制攻撃ができてしまうのです。(ただし、大鷹による先制は艦載機からの攻撃で練度が低い場合必ずしも沈められるわけではありませんが…)
海防艦は改造前から投入可能なので、所有していれば低燃費な1-5周回が実現します(海防艦の修復コストも低い)。

ただし、通常での入手手段がまだないのでイベントで狙っていくしかないでしょう(今後も新規に実装される予定だそうです)

主な対潜用装備

201 ソナー
ソナーとは海中の音や電波を拾って敵艦の位置を探る装置です。「聴音機」はソナー技師が拾った音を耳で聴き分けて位置を特定していきます。「探信儀」は電波をキャッチする海中のレーダーのようなものです。現在、九三式水中聴音機零式水中聴音機四式水中聴音機の3つの聴音機と、三式水中探信儀の探信儀の4種類があります。
潜水艦もソナーを装備できますが、敵潜水艦を攻撃できるわけではありません。

202 爆雷投射機
爆雷は水中で爆発する水雷兵器の一種で、水上艦艇や航空機から海中に投下して潜航中の潜水艦を攻撃する武器です。
爆雷投射機は少量の火薬を用い、爆発ガスによって自艦から離れた舷側方向へと爆雷を投射するものです。艦これでは九四式爆雷投射機三式爆雷投射機があります。
ソナーと爆雷投射機の両方を搭載すると、シナジー効果として与ダメージが1.15倍増加します。

203 爆雷(軌条式)
爆雷投射機より古いタイプのもので、爆雷は艦尾方向に傾いた爆雷投下軌条から自重で転がして投下させます。艦これでは九五式爆雷二式爆雷があります。ソナーと爆雷投射機と、この新しく実装された爆雷3つを搭載すると、シナジー効果として与ダメージがソナーと爆雷投射機のシナジーと重複して1.4375倍増加します。

204 対潜哨戒機
陸軍で開発された対潜哨戒機三式指揮連絡機(対潜)は、あきつ丸だけでなく軽空母にも搭載可能です。あきつ丸は、これを載せると対潜攻撃が可能になります。

205 オートジャイロ
こちらも陸軍で開発されたもので現代のヘリの祖先のような回転翼をもった飛行艇で、強襲揚陸艦や軽空母等から発艦し、潜水艦に対し攻撃します。艦これではカ号観測機が実装されていてあきつ丸の他軽空母や航空巡洋艦・工作艦・潜水母艦・補給艦・CommandantTesteに搭載させることが可能です。

206 水上爆撃機
瑞雲晴嵐に代表される水上爆撃機は航空巡洋艦、航空戦艦、水上機母艦、イタリア重巡/戦艦に搭載することができ、上空から海中の潜水艦に向けて爆雷を投下します。
なお、潜水空母に搭載した場合は、潜水艦に対して攻撃を行いません。

207 艦上攻撃機
九七式艦攻流星天山の艦上攻撃機も潜水艦を攻撃できます。軽空母や速吸に搭載可能です。

208 艦上爆撃機
艦爆も潜水艦に対し、上空から爆雷を投下して攻撃します。

記事が楽しめましたか? 参考になりましたか? ランキング応援もよろしく  → 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット