通信エラーが発生しました…

人気ブラウザゲーム「艦隊これくしょん」をとことん遊んでみます。ビギナー向けの記事作りに心がけています。

ただいま、メンテナンス(改装・記事再構築)中です。記事の中の参照リンクに一部リンク切れ(再アップがまだな記事)がありますのでご了承ください。

4-5

T477

長門改ニが実装されてから随分経ちましたが、実装時はまだレベル80前。どうせ設計図が足りないからと、まったり演習で育てようやくレベル88になりました。
その長門改二を旗艦にする第一戦隊の任務もようやく消化できるわけです。
最近の高難易度任務は複数の海域を消化しないとならないのですが、今回はカレー洋リランカ沖(4-5)と、サーモン海域北方(5-5)と、両方EO海域です。
月が代わりゲージ削りを兼ねて挑戦していきたいと思います。
PART1はカレー洋リランカ沖、PART2はサーモン海域北方と2つに分けて紹介していきます。


続きを読む

T450

春イベが終わった時には設計図が必要な改造が多数控えていたのですが、最近の任務の選択報酬で勲章がもらえるようになって、想定していたよりかなり早く改造ができるようになりました。特に鈴熊は2枚も使うのですからね…。ほんと大変です。さて、熊野が改二になりました(実際は春イベ終了時には改造可能レベルに達していたんですけどね)。早速第七戦隊の任務を消化していきましょう。
この任務は最上型4隻を使うという任務で4-5、更に6-2でS勝利を取らなければなりません。
さぁ、どんな感じになるのでしょうか…
まずは4-5カレー洋 リランカ島沖での挑戦です。


続きを読む

T342

今までは4-5というと戦艦中心の火力重視編成で挑んでいました。削り中は戦艦2+加賀さん(烈風キャリア)で中央ルート。ラスダンは重火力戦艦3+加賀さんの下ルートでした。
そこで今回は、艦載機の熟練度が実装されてからにわかに注目されていた正規空母3+重巡3編成で挑戦してみようと思います。空母中心になるので、制空権がとりやすく、昼戦火力も開幕航空戦を含めそれなりに。ただその分夜戦火力が不足気味になるので、しっかり叩けるそれなりに練度のある重巡を使う必要があります。それでは早速いってみましょう!


続きを読む

T307

2月度のEO割りは、単に資材をイベントに回したかったので残していました。戦果のためのEO砲残しではありません(ま、柱島なので、ランカーは狙っていません…)。 そして、今回、4-5のラスダンにどの程度うちの艦隊が通用するか最短夜戦ルートと初めての潜水艦デコイ編成での挑戦を試みてみました。
港湾棲姫の攻撃はかなりの威力がありますが、潜水艦がいると、水上爆撃機のように、すべての攻撃を吸ってくれちゃうので、その他の艦のダメージが軽減されます。
それではラスダンにチャレンジです。


続きを読む

T295

節分ね。このお豆を、鬼役の軽巡に……って、あら、おいし!意外!あら、いけますね~♪
食べるのかよっ!

今回は、第一航空戦隊で4-5でカレー洋リランカ島沖を攻略する任務です。
月例のEO割りも大変ですが、どうせこの任務をやるのであれば、ゲージ破壊前の方がいいですよね。
普段は加賀さんを烈風キャリアにして戦艦2隻で挑んでいたのですが、今回は正規空母2隻なので、大型艦枠は、戦艦1隻。思い切って大和さんを投入してみました。
制空値は確保してしっかり狙っていくか、優勢で妥協して火力で押し切るか、悩むところですよね。
今回、しっかり確保を狙ってみたのですが・・・

続きを読む

T282

師走。早いものね。…あ、赤城さん。…え? 年越し蕎麦作り? …わかりました。お手伝いします
だめです。また作ってるそばから食べちゃいますよ・・・。しっかり監視してください。そばだけに傍で・・・

Part3を作ろうとしてそのままにしていたら、だいぶ時間が経過してしまいました。
4-5カレー洋リランカ島沖ゲージ破壊編です。
ん~、なかなか厳しい展開を強いられます。というのも、ラスダンボスの装甲が固い、硬い、堅い・・・
ゲージ削りは難なくできても最後で沼ってしまうこともしばしば。12月度も度重なる道中大破撤回、ボス1隻のみなのに削りきれないなど、我が艦隊の練度はまだまだなようです。
(海域紹介を兼ねています)


続きを読む

T124

さぁ、いよいよ4-5カレー洋リランカ島沖(EO)に挑戦開始です。
ルートをある程度自身で固定できるので楽とおもいきや意外と大変。結構強いですからねぇ。
果たして現在の錬度で突破できるのでしょうか・・・
例によってMAP解説編と実戦編に分けて紹介、解説していきますが、何分強い敵です。そして3-5に続き、地上(港湾)型深海棲艦が登場します。そのため実戦編も削りとラスダンの2回に別れています。


続きを読む

↑このページのトップヘ