艦これブログ:通信エラーが発生しました…

人気ブラウザゲーム「艦隊これくしょん」をとことん遊んでみます。ビギナー向けの記事作りに心がけています。

3-5

top954

第一戦隊の任務をいろいろとやってきましたが、ついに陸奥改二の登場です。とは言ってもやっぱり主役は長門さん。陸奥改二実装による登場した任務ですが、旗艦指定長門改二となっています。嘘です。どっちでもいいみたいでした。
パワーで押し切れるのか?
結構大変そうな任務ですが、報酬も豪華です。
頑張って挑戦していきましょう。


続きを読む

top936

菱餅任務、最後の出撃任務は海防艦、択捉型のいずれかが選択報酬となっていますが、出撃場所似ピーコックが含まれるため、そこまで開放していない序盤~中堅提督には厳しい内容となっています。そこがちょっと不親切のような気がしますが…
その海域まで行ける提督なら海防艦も駒が揃っているのではないかと思いますが、近代化改修(合成)のタネ(消費艦)としての用途が見込まれての事かもしれませんね。


続きを読む

top929

今回は、Fletcherのさらなる改装が実装されたときに登場したFletcher任務の最初のものを紹介します。Fletcherはコンバート改修で2段階ありますが、今回の任務は、Fletcher改 Mod.2でないとクリアできません。先にMk.IIにしてしまわないよう注意が必要です。コンバートにもかなりの資材を要求されますので、先に任務を消化してからコンバートさせたほうがいいでしょう。
同じ日に実装された5つの任務は米・英・豪・蘭出身の海外艦3隻要求されます。それ以外は別に日本艦でもいいのですが、折角ですので海外艦で編成してみました。

バナー海外艦
←任務紹介シリーズ:前の記事次の記事
←「海外艦で出撃!」シリーズ:前の記事次の記事
Fletcher任務:次の記事→

続きを読む

top921

令官、節分です! もちろん、節分もアゲアゲです! ほら、朝潮お姉さんが、お豆全力射撃中です! 大潮も参加します! えいっ、えいっ!
今回の記事は、4-5EO割り、というかほっぽちゃんに会いに行くだけの記事です。
いや、ちゃんとマップ解説していますけどね。
節分の豆は運営が配るので、ほっぽちゃんから奪うわけではありません。なので、ほっぽちゃんはお豆をいっぱい抱えて攻撃してきます。



続きを読む

top906

新春限定任務の最後です。最後となれば毎年面倒な海域に出向かなくてはなりませんが、今年もまぁ、面倒と言えば面倒。でも毎月やらないといけない海域ばかりなので、モチベはそう低くはなりませんね。
今回の任務褒賞はどれもが喉から手が出るほど欲しいものばかり。はっきり言って全部欲しい!
ですか、カタパルトが圧倒的に足りないし、入手機会がめったにないので、ここはひとつ、カタパルトにしておこうかな・・・


【今日の一言】二航戦、新年もよろしく。あら?五航戦。あなた達も居たの?そうね。今年は頼りにしているわ。しっかり、付いてきなさい。
おや、頼りにしているんかいっ…


続きを読む

top118

えーとですねぇ、今回の任務「北方海域」全域を含む任務となります。せっかくのお祝いムードなんだから、ストレスがたまるような難しい任務じゃなく、もっと気軽にトライ出来るようにしてくれてもいいんじゃない?とか思うんですけどね…。
例によって、後段・拡張については、妹提督にやらせてそれをレポートする形で紹介します。編成・装備のガバっぷりは大目に見てやってください。
(サブ垢ではありません。妹のプレイのスクリーンショットを撮ってリポートします)
おお、今回は全マップ、白露ちゃんが出撃できてる~

本文バナー01


続きを読む

T435

今回は四航戦任務です。
四航戦といえば、瑞雲。瑞雲といえば瑞雲祭りです!
それはさておき、その当時に実装された四航戦任務は、なんと五航戦任務などを消化した後に出てくる、結構階層が深い位置にある任務です。なのでなかなか登場しないかも知れません。
火力もあるし、なかなか楽かなと思ったのですが、随伴艦が足を引っ張っていつものようにすんなりといってくれません。結構難関任務になるのでは?と、思えるほど。
装備の拡充、大事です!


続きを読む

T434

7月になりました。関東はほんとカラ梅雨ですが、艦これは一応梅雨Modeです。
そこで梅雨Modeのほっぽちゃんに会いに行ってみました。
EOの月例消化なので任務とかは関係ありません。
司令部レベルは、100を越えると敵編成に関しては変化はありません。
また、索敵スコアもそれ程気にする海域ではありません。
なお、ほっぽちゃんに会いに行くため北ルートでの攻略となります。
(本文冒頭のマップのマス名はプレイヤー間での慣用的な付け方で二期とは違います)



続きを読む

↑このページのトップヘ