b0698

さて、いよいよExtraOperation海域の3-5「北方AL海域」に挑戦していきたいと思います。
例によってMAP解説編と、実践編に分けますが、この海域も2-5同様、編成によりルートが異なるので実践編もそれに合わせて記事を分けています。
ALとはアリューシャン列島の事で、この海域には、ボスマスではないマスに敵泊地があり、そこには初の地上(港湾・基地)型深海棲艦が登場します。北方棲姫と呼ばれるこの敵は、その姿から「ほっぽちゃん」と呼ばれる癒やし系な存在になもなっています。


OPERATION AREA - 作戦海域

1191
海域名北方AL海域
作戦名:北方海域戦闘哨戒
作戦内容:カレー北方海域に敵増援の動きがある。中規模の水上打撃部隊を派遣し、敵増援を捕捉、これを撃破せよ!
獲得経験値:400
主な出現アイテム:弾薬
マップクリア条件:ボス戦旗艦撃沈ごとにゲージ25%減少。4回の撃沈でクリア。ゲージは毎月末でリセット。毎月チャレンジ可能。

6685 編成によって大きくルートが変わる、見た目より複雑なマップで、ボス戦の手前(F)で北方棲姫が登場します。 これが真のボスといった感じでボス戦の方が旗艦が軽巡ツ級で「あれ?」と思ってしまうほどです。なので、意外とゲージ破壊は簡単。問題はFでいかに生き残れるかがカギとなります。
あっさり突破できる場合もあるし、大破撤退を余儀なくされる場合もあり、なかなか安定しません。一方この北方棲姫を回避するルートもありますが、そのルートを通るのは水雷戦隊。当然道中大破のリスクもやっぱりあります。
例によってEOマップらしく、司令官レベルに応じて敵戦力が変化する他、ラスダンは最終形態としてより強くなってきます。この海域では、谷風、明石、まるゆ(F)、谷風、浜風、天津風、山雲、大鯨(K)のドロップの期待が持てます。北方海域のウィークリー任務の消化と合わせて狙ってみるといいかも知れません。

戦力ゲージ
b0696 この海域はExtraOperation海域です。1-5、2-5同様戦力ゲージが存在し、ゲージ破壊ではじめてクリアとなります。ゲージの減少はボスマス旗艦撃沈につき1/4ずつ減少します。すなわち4回撃沈すると、ゲージ破壊となります。戦闘の勝敗判定は関係ありません。
また、EO海域ですので、毎月、月初めにゲージはリセットされ、再度挑戦可能となります。

司令部レベルによる敵戦力の変化
2-5ほど明確ではありませんが、司令部レベルに応じて敵の強さ(編成)が変化します。
例えば、ボスマスであれば、司令部レベルが89以下、90以上という各レベル帯によって敵編成が変わります。司令部レベルが100を越えるとすべてのマスが最高難易度になります。

最終形態(ラスダン)での敵編成の変化
1192 また、ラスダンになると、編成が更に変化します。ゲージ破壊後は最終形態固定となり、月初めのリセットで元に戻ります。

初の地上型深海棲艦 - 北方棲姫
北方棲姫4
海域(マップ)を順番に攻略して、イベント限定海域をまだ挑戦していない場合、この海域で初となる地上型深海棲艦が登場します(ボスマスではなく、手前のF・北方AL泊地)。
このマスに出てくる敵旗艦はいわゆる「艦艇」ではなく基地そのものです。この敵は北方棲姫(愛称「ほっぽちゃん」)と呼ばれます。
基地そのものの深海棲艦ですので、これまでの艦艇とは異なる特徴を持っていて、まず装甲・耐久が 非常に高く戦艦でも1発では倒せません。また「艦艇」ではないので、中破・大破・撃沈ではなく、与ダメージ量に応じて混乱→損害→損壊→破壊と表示されます。
また、海に浮かんでいる艦艇ではないので魚雷による雷撃が通用しません(というより雷撃を行いません)
また小さな爆弾を落とす艦爆は元々基地爆撃用ではないため、艦爆を積んだ空母は、地上型深海棲艦を攻撃しません。一方艦攻は大型爆弾による対地攻撃も考慮された機種であるため、攻撃できることになっています(与ダメージは雷撃値は考慮されませんが、一部には艦攻特攻という補正値が存在します)
最初に基地を深海棲艦化した飛行場姫の登場以降、対地特攻兵器補正が確認されています。これは(史実の)金剛がヘンダーソン基地の滑走路・航空隊施設を三式弾で焼き払った実績を考慮されていることに由来されています(飛行場姫がヘンダーソン基地をモデルにしている)。北方棲姫は、アリューシャン列島にあるダッチハーバーがモデルとされています。また、唯一(夏姫のような別個体ではなく、)季節限定グラフィックが多数搭載され、敵の中では一番の人気者、癒やし要素が存在します。なお、前哨戦と最終形態(ラスダン)では能力・挙動が異なります。
(3-5では、上の戦闘開始時のセリフ付き登場カットインはありません)

前哨戦のほっぽちゃん

こちらが本気モードのグラフィック。

晴れ着モードのほっぽちゃん

三式弾特攻について
上で述べた通り、多くの地上型深海棲艦に対し、金剛の三式弾による打撃を反映して、三式弾特攻が存在します。基本攻撃力に対し、2.5倍の補正がかかります。
その他にも、ロケットランチャー(ゲーム内ではWG42)特攻、揚陸艦特攻(大発動艇や特型内火艇等)が有効な地上型深海棲艦も存在します。

ルートとマス解説

編成の組み方で3つのルートに分かれます。一般的なのは、上ルート。火力重視で、ほっぽちゃんを倒し、レアドロップを狙う場合に有効です。下ルートは戦闘が少なく、ほっぽちゃんと対峙することなくボス戦を迎えることができますが、水雷戦隊でないとなりません。

上ルート(B→D→H→K)
Hマスの北方棲姫(通称ほっぽちゃん)がいるマスを経由するルートです。これまでに出てきた事のない要塞も出てきます。艦載機も通称「たこ焼き型」と呼ばれる新しいタイプの艦載機が登場します。戦艦と空母の合計が3隻以下でこのルートとなります。

4708 B:北方前衛警戒部隊
最初のAマスは、警戒部隊。重巡、軽巡の編成ですが、旗艦は軽巡ホ級フラグシップ艦。司令部レベルが100を越えると強くなります。ここでの分岐は、大型艦が5隻以上(空母系は3隻まで)、潜水艦4隻以上でAに逸れます。

4710 D:北方派遣任務部隊
空母ヲ級flagship艦が登場。いわゆるたこやき型艦載機を飛ばしてきます。敵制空値は最大で112あります。司令部レベル90以上で強くなります。

4711 H:北方AL泊地
いわゆる「ほっぽちゃん」(北方棲姫)が登場します。イベント未参加の場合、最初に遭遇する基地(地上)型の敵です。地上なので、雷撃は通用しません。逆に基地特攻と呼ばれる特殊効果のある三式弾、大発動艇、ロケットランチャーは有用です。
司令部レベル85以上で強くなりますが、どちらの場合でも最終形態は、より一層強くなり、通常時の敵制空値は司令部レベル84以下で130、217の2パターン。85以上で134、221の2パターン。最終形態はそれぞれ、250、254もあります。最終形態は随伴艦枠全てが護衛要塞となるパターンのみとなります。突破後の分岐は、戦艦+空母が4隻以上だったり、索敵不足でJに逸れます。

4712 K:北方増援部隊主力
ボスマスは、ほっぽちゃんのいるマスより若干弱めです。なんとボスは軽巡ツ級。司令部レベル90以上でより強くなります。

下ルート(F→G→K)
水雷戦隊(軽巡1隻+他は駆逐艦)にすると、このルートになります。戦力が不安になってしまいますが、戦闘は道中2回で、やや軽めの編成となります。ただ一撃で大破の可能性もあるので、削りでの使用が一般的です。削りは資源を抑えつつ、決戦で火力重視で決めるといった具合です。
(母港出発時、駆逐艦が5隻以上だとFに向かいます。)

3-5 F:北方増援部隊前衛A
軽巡ヘ級flagshipを旗艦とする軽めの編成です。随伴艦は重巡リ級や雷巡チ級など。それ程脅威ではないにしても、やはりリ級flagshipの一撃や雷巡の雷撃は駆逐艦には恐ろしいですけどね。

3-5 G:北方増援部隊前衛B
GマスはBマスの敵を一回り強くした感じの編成。最終形態が存在し、敵の編成も変わってきます。 更に司令官レベルが100以上になると編成が変わるパターンがあります。

どんな編成で挑むか…

下ルート・水雷戦隊
1193
軽巡+駆逐艦5
いわゆる水雷戦隊での攻略で、下ルート(道中2戦)となる編成です。道中に戦艦や空母が出てこないので、対空を意識する必要はさほどありません。せいぜいボスマスでヲ級が出てくるか出ないかくらいですが、ボスマスに戦艦がいるので、制空取られて弾着されるのが厄介かも知れません。
気をつけることはGマスでの索敵スコアで、駆逐艦多めの水雷戦隊ですので、素の索敵値は少なく、電探を使って調整するしかありません。目安としては、司令部Lv100前後で22号対水上電探(索敵+5)で3個です。
リ級の一撃や雷巡の雷撃に耐えられる練度がない場合、無理してこのルートにせず、上ルートでの攻略を検討するとよいでしょう。

上ルート・火力重視の基本型(空母3+重巡3)
1194
正規空母3+重巡3
空母戦力での殲滅を重視した火力編成です。ほっぽちゃん対策に重巡に三式弾を載せていますが、確実にSを狙うには、もしかしたら夜戦まで行ってしまうかも知れません。(空母の艦攻である程度補えるかも知れません。艦爆を載せると北方棲姫を攻撃しません)
敵制空値は、Dマスのヲ改編成を引いた時の214、ほっぽちゃんマスの最終形態が254となっています。それを目安に優勢を目指して調整すればよいでしょう。正規空母3隻いれば制空権確保でもいけると思うのですが、道中3戦となるため、ボスマスでのペナルティを考えると、正規空母にも火力を担って貰ってある程度昼で決着させるつもりでいかないと、夜戦で取りこぼす事が出てきます。
摩耶様を対空CIを担当させるか、火力優先で行くかは、全体の練度や実践の様子を見て判断するといいかも知れません。この例では弾着・対空CI両立型ですが、弾着威力は控えめになってしまいます。
この編成では、ほっぽちゃんマス・ボスマス共に(最終編成で、)昼戦決着のS勝利でした。

上ルート・火力重視の基本型(戦艦+空母2+重巡3)
1195
戦艦+空母2+重巡3
空母3隻型の欠点を補うための戦艦を1隻加えた編成です。敵編成が強くなる司令部Lv85以上で、こちらの艦隊戦力が整い始める前あたりにおすすめとなります。ボスマス最終形態編成でも取りこぼしをできるだけ少なくするための戦艦戦力と思えばいいと思います。
正規空母2隻で敵も最終形態となると、Dマスでヲ改が出てきた場合でも拮抗になってしまいます。艦戦をもう1スロット増やすとか、優勢を諦め被害がどの程度のものなのかで自分なりに判断するといいでしょう。ちなみに、Dマスでヲ改が出てこず優勢だったとしても、こちらの一撃大破は、たとえ改二であっても起こりえます。それだけ、司令部レベル85越えというのは、一番の踏ん張りどころになってしまうのです。



記事が楽しめましたか? 参考になりましたか? ランキング応援もよろしく  → 

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット