通信エラーが発生しました…

人気ブラウザゲーム「艦隊これくしょん」をとことん遊んでみます。ビギナー向けの記事作りに心がけています。

鎮守府海域

T381

これまで対潜値が100を越えないと対潜先制爆雷攻撃ができなかったわけですが、海防艦はなんと対潜値60で可能、更に海防艦自体の対戦能力が初めから高いので、未改造の状態でも可能になっています。択捉は最短レベル3で可能という速さ。
更に同時期に登場した新しい軽空母大鷹(春日丸からの改造)は特定の艦攻を積むことで対戦先制攻撃が対潜値65から可能になり、これまで不可能だった「ボスマスでの完全勝利での4隻先制爆雷」を可能にさせました。
これによって、1-5の周回が大きくコストダウンし、1-5周回派のランカーにとっては大きな収穫となった17春イベでした。
とは言っても現状春イベ参加者で大鷹を取得していないと実現できないので、そうでない場合は、今後の再取得に期待するしかありません。

続きを読む

T380

春イベントが終わった5月22日に実装された新任務に挑戦します。
新家具が実装されたアップデート後によくある毎度の家具職人救済任務です。
最近は、一つの任務で複数の海域をクリアしないと行けないものがすっかりおなじみとなってしまいました。複数箇所回るのも面倒なのに、「やっぱりあそこに行かなきゃいけないのか~?」「もう、いきたくね~」と多くの提督が頭を抱える、製油所地帯沿岸ももちろん含まれるのです・・・
そしてもう一つ、新しく追加されたマンスリー任務は、なんと遠征任務でした。


続きを読む

T352

村雨ちゃん、それ二周年の時のボイスじゃないですかぁ~。今年は収録なかったの?
というわけで、意外と限定グラの多いイチソ艦ですが、今の時期は4人揃って通常グラなのは今のシーズン。なので、ある意味チャンスです!
限定グラの方が記事のネタになりやすいのですが、ここはあえて、通常グラが揃っている今、記事にしておきましょう。
セーラー服とはちょっと違う、私立の女子高のようなグッドデザインの白露型の制服を堪能しましょう。(きっと改白露型は同じ法人が経営する姉妹校なんだろうなぁ…)


続きを読む

T351

相変わらず、セリフ長いんだよ…長波さん…
というわけで、今年も無事アニバーサリーを迎える事ができました。おめでとうございます。
さて、せっかくですので、春の花束Modeで1-5に出撃してみました。
オンメンテで実装された限定ボイスはたくさん追加されているみたいですが、限定グラの追加はなし。みな昨年までのママです。
もちろん差分の女王は健在。どうした、コマ子ちゃん…
(長波の放置ボイス、が、「出撃しないなら課金したらどうだ?夜は長いぜ」に聞こえてしまう・・・)


続きを読む

T336

『新編「第八駆逐隊」出撃せよ!』と一緒に登場した任務です。大潮も改二してずいぶん経ってしまいましたが、すっかり消化を後回しにしてしまいました。コニシ艦で1-5出撃!『海上護衛強化月間』(マンスリー)消化なのです!で記事を作ったときに一緒に消化しておけばよかったと後悔です。
さて、この編成・出撃任務では朝潮改二と大潮改二を使って編成し、1-5鎮守府近海の哨戒任務にあたります。比較的楽な任務ですが、大潮改二にするには設計図が必要となるので、その分の手間がかかってしまいます。


続きを読む

2017/03/16

いよいよ司令部レベル80での攻略です
司令部レベル80は、序盤での最初の境界線と言われています。それは、1-5鎮守府近海での敵が強くなり、それ以前と以降では戦術、レベリング等いろいろと変化してくることに由来します。
そこで今回、3月度の月例EO割りとレベリングがどう変わるかをレポートします。
ただし、この記事は「道中事故った時の修復コストがもったいないからやらない」という考えの提督には向きません
※このシリーズは、妹のラバウルなつき提督の実践プレイをキャプチャした画像を元に記事を作成しています。


続きを読む

T310

3月度のマンスリー任務は、いろいろと縛りを設けてチャレンジしてみようかなと思います。と言ってもそれ程厳しいのはやりませんが…(^_^;)
まず『「水雷戦隊」南西へ!』ですが、イベント中にこれまでずっと見放され続けてきたツチノコちゃんこと初風ちゃんがようやくドロップしてくれて、第十六駆逐隊が揃ったので、これを使ってみたいと思います。もちろん、この4人での出撃は無謀すぎる(そもそも軽巡を旗艦にする必要があります)ので、第十六駆逐隊が所属する第二水雷戦隊の隊長、神通さんと、一水戦の隊長、あぶーにも応援に来てもらいます。ん?ちょっと緩すぎますか?
さぁ、まだ十分に育ってないこのメンバーで1-4を突破できるでしょうか…。できるとは思いますが、こちらの被害も覚悟しないといけませんね・・・


続きを読む

↑このページのトップヘ