通信エラーが発生しました…

人気ブラウザゲーム「艦隊これくしょん」をとことん遊んでみます。ビギナー向けの記事作りに心がけています。

ただいま、メンテナンス(改装・記事再構築)中です。記事の中の参照リンクに一部リンク切れ(再アップがまだな記事)がありますのでご了承ください。

レベリング

4935

さて、今回はキス島レベリング特集の最終回、潜水艦デコイを使わないレベリングについて考察します。
キス島でのレベリングは、潜水艦をデコイにした方法が一般的でしたが、より高速に回し、かつ燃費を節約するために、開幕で敵を殲滅する方法も普及してきました。
艦種によってはMVPを取るのが厳しくなりますが、それでも時間効率がいいこと、ついでに低火力艦の育成も合わせて行えるなどの利点もあります。
主に高火力艦や空母向けではありますが、今回は潜水艦デコイを使わず、ほとんどバケツも消費しない方法を紹介します。


続きを読む

4912

3-2-1キス島沖のレベリングと比べ、消費資源の量は増加しますが、時間効率が非常によいという特徴があります。育成したい艦がレベル30位までは1-5レベリングと演習を使い、それ以降はここを使いつつ、5-4周回のお供をしてついでに育てるといいでしょう。

今回のレベリング特集は、4-3 リランカ島での駆逐・軽巡・雷巡向けレベリングです。
確かにキス島沖3-2-1レベリングは王道ですが、育成艦(特に駆逐や軽巡)にMVPを取らせるのが大変なことと、1戦即退避のため、疲労が溜まりやすい、時間効率が悪いなどの欠点があります(確かに資源消費に関してはありがたいのですが・・・)。そこで、ある程度育ってきて、レベル上げが大変になってくる駆逐艦や軽巡などを効率よくレベルを上げるのに使われ、普及したのが、このリランカレベリングです。
ここでのレベリングは、駆逐艦・軽巡・雷巡を、対潜装備をさせて旗艦に配置し、対潜マスでMVPを取らせることで1回の出撃で2000~2500程度の経験値を稼がせます。
リランカ島はルート固定方法を使うと、必ず対潜マスに2回行く事になり、それを利用します。
前提条件としてある程度育ってきた艦に対して行う方法になります。つまり、レベルが上がってくることで、レベル上げが(必要経験値の量で)大変になってきた艦娘を、一度に多くの経験値が稼げる場所がここになるのです。

続きを読む

4340

艦隊の連度底上げだーっ
「白露と一緒に出撃だー!」シリーズは、妹が始めたラバウル菜月提督アカウントを使って、任務消化を順番に紹介していこうと始めたものですが、番外編もいろいろ挟んで行きます。レベリング紹介や難関海域の紹介などビギナー向けの記事をやっていきます。
今回は、東部オリョール海をクリアして、2-4での決戦を挑む前に、もう少し艦隊全体の練度上げをしておきたいという提督のための、2-4-1(Aマス)レベリングを紹介します。
前回のカムラン半島のレベリング同様、ひとつの艦を集中的に練度上げをするのではなく、全体の底上げをしつつ、特に育てたい艦を旗艦に配置することで、経験値を多く与えます。
また、ドロップする艦も、これまでになく豪華なので、序盤で艦娘を集めるのにも都合がよいのが特徴です。
※このシリーズは、妹のラバウルなつき提督の実践プレイをキャプチャした画像を元に記事を作成しています。

本文バナー01

続きを読む

T244

今回は、最近行っている空母レベリングの様子を紹介します。
イベントが近いだけあって、できることならボーキサイトの消費を抑えたいのですが、キス島レベリングの最大の難点はそれなりに資源を消費すること・・・
特に空母となると・・・
たくさん回るのはちょっと厳しいですからねぇ・・・
なので、最近はデイリー消化分12戦+α分のキス島レベリングをしています。
空母に限らず、MVPを諦めてついでに他の艦種を育てることにも使えます。


続きを読む

T416

今回のテーマは駆逐艦のレベリング。
それに最適といわれているのが1-5「鎮守府近海」です。
相手は(ほぼですが、)潜水艦しか出てきません。
ここを利用して6隻で編成を組み、A→B→D→Hを周回します。
また4隻でA→B→C→Iを任務消化と合わせながら(また月のはじめは勲章ねらい)周回する方法もあります。
ただ、注意するのは、司令官レベルに応じて敵の編成も増え、強くなっていきますので、新規にゲットしたばかりの駆逐艦には、ちょっと荷が重くなりますので、レベル10~15まではポンポンあがるので、演習や他の海域でそのくらいまで上げてから参加させるといいかも知れません。
軽巡洋艦にも使えます


続きを読む

4224

今回は番外編のひとつとして、序盤で使う「カムラン半島」Aマスのレベリングを紹介します。
1-4を突破すると、2番目の南西諸島海域が開放され、その最初のマップがカムラン半島なのですが、母港でルーレットがないため、必ずAマスで戦闘を行います。
このAマスの敵がそれほど強いわけではないので、3-2キス島沖(あるいは2-4)が開放されるまで、結構重宝するのです。
Aマスの先は空母が出てくるので、Aマスでの戦闘が終わったら帰還します。
ここではひとつの艦というより、艦隊全体の練度底上げに向いているとも言えます。
それでは、早速実戦開始!

この記事はレベリング紹介の最初の記事です。│次の記事:駆逐艦のレベリングをすべしっ!

続きを読む

↑このページのトップヘ