2017/04/27

私は、常日頃、「アルフォンシーノ方面(3-2)できちんと空母の装備を自身で組め、きちんと制空が取れて勝利できるようになればビギナー卒業」と言っています。
なぜそう言ってるのでしょうか?
アルフォンシーノ方面くらいであれば、艦隊の練度がそれなりに上がり、装備が整ってくれば、そして北方任務を消化できるようになっていれば楽勝と考えるでしょう。それほど装備にこだわらなくても強い編成を組めば当たり前です。しかし、いかに上手に艦載機を積むかを理解した上で消化できるのとはちょっと違います。そうであればそれ以外の海域、イベント限定海域やEO海域でも十分に対応できるようになってくるからです。
今回は「沼らない、無駄のない」艦載機の積み方について考察していきます。
※とは言っても、これを読めば沼らなくなることを保証するものではありません。あくまでそうならなくする努力への手助けです。


まとめ
制空計算しよう!
しないのであれば沼って当たり前。
無駄がなくなり、火力上昇に繋がる。

6680
アルフォンシーノ方面(3-3)は最初の本格的な空母機動部隊同士での対戦となるマップです。
こちらの艦隊も空母を2隻以上編成しないとボス戦に行く事すらできません。
つまり、ここできちんと編成・装備を組めるようになる事が重要になってきます(決して勝利・突破できる事が重要であるわけではありません。突破自体であれば強い艦隊を組めば簡単です)。

マス 編成 優勢 確保
E ヌ級elite×3+リ級flagship+ロ級flagship+駆逐ハ級elite 72 108 216
I ヲ級flagship+ヲ級elite+ヌ級elite+エリル+エリヘ+フラハ 79 119 237
G ヲ級flagship+ヲ級elite+フラル+フラヘ+エリト+エリニ 55 83 165
※各マスの編成は、最強空母戦力を引いた場合のものです。

もちろん、この海域で一番強い空母戦力は家具箱ドロップ&ボスマスへの3方向分岐のあるIマスです。敵制空値は79、航空優勢を取るにはこちらの制空値は119、制空権確保を取るには237必要です。
さて、ここでの出撃する編成を実際に組んで見る事にしましょう。
空母2隻入っていれば後は自由でいいので、いろいろ考えられると思いますが、今回は、正規空母1+軽空母1+戦艦1+航空巡洋艦1+重巡洋艦1+阿武隈改二としてみましょう。

6724
今回の編成はこんな感じです。
瑞鳳の搭載数は、 瑞鶴改二の搭載数は、 です。ここで、各スロットにどんな装備を載せるかをかず考えてみてください。艦載機は任務で貰えるネームド艦載機や二航戦のネームド艦載機を一通り持っているものとします。
(もし、ない場合は最強のものから積んでみてください)

6733
制空権は、戦闘機同士の空中戦(ドッグファイト)で優勢をとることでその後の戦闘を優位に進める事ができるようになるのは、実戦もゲーム上も同じです。
艦これでは、制空権を得る事で、
  • 連撃や弾着射撃ができるようになり、結果与ダメージが増大する
  • 触接行動が取れるようになり、航空戦での艦載機の与ダメージが増大する
  • 敵艦載機の数が減少しているので、こちらの艦隊の被害が減る、結果攻撃できる艦の残存率が上がるので砲撃戦での与ダメージを確保できる
と、いい事ずくめなのです。

では、どのようにして制空権を確保させればいいのでしょうか。
それは空母に艦戦を積めばいいのです。

6725
今回は、デッキビルダーや艦隊晒しでお馴染みの艦これ計算儀の艦載機計算機を使います。
使い方は、
  • ページ下の方にある「マップの制空権情報などをチェック」でアルフォンシーノ方面を選びます。
  • 空母のリストから使う空母を選びます。
  • 左側の艦載機リストから載せる艦載機を選択し、載せるスロットをクリックします。
まず、触接が成功するように、最小スロットか次点に彩雲を載せます。この例では瑞鳳の最小スロットでは7機と少なすぎるので却下。瑞鶴の最小スロット13機に載せてみます。
次に烈風601空を瑞鳳の12機スロットに載せてみます。

6726
まだ「互角」なようです。
そこで、瑞鶴の26機スロットに52型熟練を載せてみます。

6727
「優勢」になりましたね。
制空権確保を狙ってもいいのですが、そこまですると、火力が落ちてしまうので、ここで妥協することにしましょう。

6728
空母と艦載機の選択リストの下には、選んだ空母と艦載機のデッキが表示されます。

戦闘機の熟練度について
艦戦の熟練度がMAXの場合、そのスロットの制空値に+25のボーナスが付きます。
そのため、制空値計算する場合、それを考慮する必要があります。
シミュレートで熟練度MAXの烈風2機で制空確保が取れていても、実際に出撃するために搭載した烈風の熟練度がMAXじゃないため、確保ではなく優勢だった…なんて場合があるので注意が必要です。

6729
セオリーどおり、第1スロットに一番強い艦攻を載せます。

6730
残りのスロットに流星改を積んで完成。ポイントは、強い艦攻をたくさん持っていても火力キャップを越えないように選ぶ事です。
このWebアプリを使うと、発動した時の触接率やドッグファイトでのボーキ消費量などもひと目でわかりとても便利ですね。
これで、実際に装備させて出撃させてみます。

6732
空白だった空母に、シミュレートどおりに装備をのせてみました。

6731
早速Iマスへ行ってしまいましたね。

6733
きちんと、航空優勢が取れていて、触接が発動しています。

6734
まぁ、反航戦だったわけですが、ちゃんと弾着や連撃もしてくれています。

6996
触接行動とは、先陣を斬って敵艦隊に接近した航空機が後続の航空機を誘導して攻撃目標を伝え、攻撃する攻撃方法です。制空権を得ているからこそできる戦術であり、艦これでは、航空戦における艦載機の敵艦隊への攻撃力が増加します。

触接発動判定
触接が発生するには、次の条件が必要です。
索敵に成功していること。そもそも索敵が成功しないと航空戦に参加できない。
触接可能な艦載機があること。(水偵、艦偵、飛行艇、艦攻のいずれかが艦隊に1機以上必要)
航空劣勢である、あるいは優勢以上であること
この条件を満たした上で、制空状況や艦載機の構成等により一定の確率で発生します。

触接の開始・担当機判定
艦載機の構成等により「触接機の選択判定を開始できるかどうか」の判定がまず行われます。
これを「開始判定」と呼び、水上偵察機(水偵)・艦上偵察機(艦偵)・大型飛行艇が含まれている場合でその索敵値や搭載数から算出されるパーセンテージで判断されます。100%を超えた場合は必ず、それ以外ではそのパーセンテージでの割合で判定した結果が開始成功となれば、次のステップに進みます。
※制空確保を前提としており、航空優勢の場合は、成功率は約60%増しである必要があります。
例えば、制空権確保の状態で搭載スロット9に索敵値9の彩雲を載せると、開始判定は108%程となります。
(スロットの搭載数と艦載機ごとの開始率早見表はWikiに載っているので興味がある方はご覧ください。)

次のステップは、どのスロットの艦載機が行動を取るかの決定です。この決定された機種の能力により、攻撃力補正が変わってきます。これを「担当機判定」(あるいは「選択判定」)と呼び、判定順は艦載機の命中値が高い順(重要)&旗艦の1スロ目から行われ、対象となる艦載機は水上偵察機(水偵)・艦上偵察機(艦偵)・艦上攻撃機(艦攻)・大型飛行艇(二式大艇)の4種です。名流の高い艦攻がもてはやされるのはこのためです。
この判定も、索敵値に応じて割合が変動します。順番に判定を行い、OKだったらそこで判定が終了、以降は判定を行いません。
判定優先度の高い艦載機が判定確率7割程度で成功すれば、その機種で決定、失敗なら次の機種の判定へと進みます。対象の全スロットで選択判定が不発に終わった場合は、開始した触接がキャンセルされ航空戦の触接なしが確定します。
つまり、発生判定で100%(優勢では167%)以上、選択判定で不発にならないよう艦隊全体で幾つかの候補を載せておくのが安全といえますね。

攻撃力補正
触接行動が発生した場合、艦載機の攻撃(与ダメージ)に112%の補正がかかります。(キャップ後補正です)
ただし、機種の命中ステータスが+2あると117%、+3あると120%補正がかかります。
例えば、天山友永隊と彩雲を含んだ編成の場合、天山友永隊は120%補正がかかりますが、担当機判定は35%程の確率です。一方彩雲は117%ですが、担当機判定は63%あるので、こちらが選ばれる確率の方が高くなります。
どの機種が選ばれたかは、敵陣形円(上の丸で囲んだ部分)に表示される機種アイコンである程度わかります。

まとめ(その2)
制空権を得よう!
制空権を得れば攻撃力が上がるチャンスが広がり(触接行動と弾着・昼間連撃)、撃ち落とされる艦載機や艦隊の被害が減る。
できるだけ制空確保で、敵の航空戦力が相当厳しい場合はせめて優勢で。

記事が楽しめましたか? 参考になりましたか? ランキング応援もよろしく  → 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット