T318

いよいよMS諸島沖に挑戦です!
中部海域はイベントマップのようになにかとクセがあって難易度高そうですが、実際は6-3からでしょうかね…大変なのは。
ある程度艦隊練度が上がっていれば無難に(あ、事故はあるでしょうが…)突破できるようです。
もちろん戦力ゲージ付きのマップですが、ボスマス旗艦はワ級フラグシップ。ゲージ割り自体はそんなに大変ではありませんし、3回撃沈でクリアとなります。
今回、最初の挑戦ということでオーソドックスな下ルート編成で挑みます。


BRIEFING

6298
海域名MS諸島沖
作戦名:MS諸島防衛戦
作戦内容:MS諸島沖前面に展開し、同諸島方面に接近しつつある敵攻略部隊を捕捉、全力で撃滅せよ!
獲得経験値:420
主な出現アイテム:燃料、鋼材
推奨デッキ編成:戦艦1+空母1+駆逐艦×2を含む
マップクリア条件:ボス艦隊旗艦「輸送ワ級flagship」の撃沈で3分の1減少(与ダメージでは減少しない)。3回撃沈で海域クリア
撃沈出なければゲージは減少しない。

編成をしっかり組めば比較的楽な海域です。も、すっかりお馴染みとなったゲージ付きマップです。ボスマス旗艦はワ級輸送艦フラグシップ艦です。そのため、昼戦で撃沈が可能。S勝利を狙うなら夜戦も。
ボスマスドロップもなかなか豊富で、浦波 、夕雲、巻雲、浜風、矢矧、酒匂、まるゆが期待できます。今のところ、酒匂がドロップする唯一の通常海域マップです。

OPERATION AREA

6299

ルート解説

6300 一見複雑そうに見えますが、推奨編成だと道中2戦という単純さになります。その道中2戦ルートとは、戦艦1隻以下と空母1隻以下の編成に駆逐艦2隻を入れることで、B→F→H→Kあるいは、B→F→I→Kとなります。なおFマスは戦闘回避マス(気のせいだった)となります。
一方、その条件を選ばず火力重視にした編成は北ルートあるいはランダムとなります。駆逐艦を除くと下4戦ルートとなり、Eマスを経由します。
更に、空母・戦艦を含まない軽量水雷戦隊だと、Aマスから→D→G→Kという上ルートとなります。下ルートに比べ敵は比較的弱い編成になっています。
それ以外はA・Bどちらからスタートしても中央ルートとなります。
ラスダン最終でもボス編成は変化ありません。
今回は下3戦ルートでの実践となります。

マス解説(下3戦ルート)

6301 B:敵攻略支援部隊B群
戦艦ル級flagshipを旗艦とする水上打撃部隊と、軽母ヌ級flagship2隻の空母部隊のパターン、戦艦・空母それぞれが旗艦の機動部隊2パターンと4パターンの編成があります。フラヌ2隻パターンの敵制空値は46なので、制空権確保でも138で済みます。

6302 F:気のせいだった(戦闘回避マス)
このマスで索敵判定分岐が行われます。
戦艦1以下かつ空母系1以下かつ駆逐2以上の場合、索敵(2-5方式で)50以上でIマスへ。索敵50未満43以上でHかIのランダム、43未満でHマスへ行きます。
それ以外の編成はEマスを経由します。
実際はHマスの方が敵が弱く、索敵値で調整する必要があります。

6303 I:敵任務部隊A群
戦艦ル級改flagshipを旗艦とした戦艦3隻パターン、ヲ級改flagshipを旗艦とした空母+戦艦パターン、重巡リ級改flagshipを旗艦とした重巡+戦艦+軽空母のパターンがあります。
フラヲ編成に当たった場合の敵制空値は102。確保はかなりきつくなります。むしろ空母1隻しか組み込めないので航空優勢を狙って調整します。

6304 K:敵攻略部隊本体(ボスマス)
輸送ワ級flagshipを旗艦とした戦艦ル級改(通称フラル改)を含む軽めの編成と、フラル改とたこやき艦載機を載せたフラヲとフラルを含む重めの編成があります。
ラスダン、クリア後共に固定はなくどちらかランダムになります。
空母フラヲを含む編成での敵制空値は84。です。Iマスを経由する場合は、Iマスでの航空優勢153を目安に編成を組むとよいでしょう。

6307 H:敵任務部隊B群
FマスからHマスへ行った場合は戦艦ル級flagshipを旗艦にした戦艦2隻パターンと、戦艦2隻に軽空母ヌ級flagship艦が加わるパターンがあります。Hマスより軽めなのは事実ですが、それでも道中にフラル2隻というわけですので、事故も十分考えられます。
ここでも索敵条件判定があり、2-5式索敵計算で40未満だとJに逸れてしまいます。

FORMATION OF THE FLEET

6297
今回の編成は、索敵スコアを考慮しない推奨編成です。空母は1隻のみとなりますのでスロットで有利なものを選びます。もちろんここでは加賀さんを選びました。ネームド艦載機がない場合爆戦を第3スロットにのせ、烈風2スロでもIマス優勢が可能です。
いつものように摩耶さんは対空カットイン担当。主砲+高角砲で弾着も可能にしています。火力担当は長門さん。そして航巡三隈さんは瑞雲と熟練艦載機整備員を載せて火力UPと射程延長で早めに攻撃できるようにしました。駆逐艦は連撃装備。ぽいぽいには夜戦決戦のために照明弾を積んでいます。

制空値
6305s
▲クリックで拡大(制空権計算機
Iマスを経由する編成では、敵制空値は最大102となります。優勢で204、確保で306必要となりますが、そもそもIマスに来る編成は空母は1隻しか含む事ができないので、確保を狙うのは到底無理でしょう。加賀さんを烈風キャリアにしてすべてネームド艦戦にすればギリギリ届きますが、他の敵戦力を考えた場合、あえて制空確保をとってまで火力を落とす必要はないと考えます。

索敵判定分岐(2-5式)
6306
▲(2-5式 索敵値計算
Fマスの分岐は2-5と同じように索敵条件分岐となります。またHマスへ行った場合も索敵条件分岐で逸れてしまう場合があります。
2-5に比べそれ程厳しい条件ではないので、深く考える必要はありませんが、弱い編成のHマスを経由するように考える場合はちょっと面倒になってきます。
そのため、2-5式の索敵計算ができるWebアプリを使って算出するとよいでしょう。
ちなみにHマスを経由するには2-5式で49未満である必要があります。(この値は、33式スコア計算ではありませんのでご注意。)なお、43~49の間はIマスにも行く事があります。

※準下ルート(Hマス経由)は「『洋上航空戦力を拡充せよ!』最終段階なのです!」で紹介します。

FLEET SORTIE!

6308
Bマスは、軽空母やル級戦艦を含む敵艦隊。フラヌ2隻+ル級を含む編成に当たってしまいましたが、Iマス優勢で調整しているので十分に制空確保できました。

6309
摩耶さんは、対空カットインに弾着にと毎度の事ながら大活躍です。
とは言っても、補強増設に摩耶機銃を積んでいる初号機と違って主砲 + 副砲弾着なので1.1倍と効果は薄いのですが…。

6310
BマスをS勝利で抜け。Fマスは索敵判定分岐です。
今回は索敵値気にしていないのでIマス経由となります。

6311
Iマスは、空母ヲ級改flagship+戦艦ル級flagshipのパターンを引きましたが、優勢はとれていました。

6312
そしてボスマスへ・・・
Iマス経由の場合は索敵判定で逸れるなんてことはありません。

6313
まずは三隈さんが最初のワ級を沈めてくれました。

6314
戦艦1隻残しちゃって夜戦突入!レア艦ドロップ欲しいですからね。
マップのクリア条件はワ級3回撃沈です。
次は索敵判定Hマスルートを任務消化と合わせてチャレンジします。

記事が楽しめましたか? 参考になりましたか? ランキング応援もよろしく  → 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL