2016/05/03

この記事は初めてイベントに参加するにあたっての情報を掲載した記事にもなっています。
16春イベント開始前に作成した記事ですが、何度か修正・更新し、春イベに限らず、イベントに向けての準備と基礎知識についてまとめたものとなりました。
更に詳しい解説はそれぞれの項の独立した記事にまとめていきます。

主な内容
はじめてイベントに参加する提督への指針【準備編】(すぐ下)
イベント開始前に必要と思われる予備知識や準備について紹介します。
はじめてイベントに参加する提督への指針【実践編Tips&Topics】
イベント限定海域固有の情報や戦術について紹介していきます。
はじめてイベントに参加する提督への指針・艦隊編成編
イベント限定海域に向けた艦隊の編成の仕方についてのイロハ
支援艦隊の基礎知識
支援艦隊ついて解説します。
連合艦隊の基礎知識と編成考察
イベント限定海域で使われる連合艦隊の基礎と、その編成の注意点です。
基地航空隊の基礎知識
基地航空隊の基礎知識、編成・配置方法、基地航空隊専用の航空機について解説します。
誌上実況!イベント初参加提督の挑戦~新米提督に贈る応援歌~
誌上実況!新米提督の初イベ挑戦記

資源はどれくらいあればいいの?

イベントの規模、司令官レベルや作戦難易度、どのくらいまでレア艦ドロップを狙うか(掘り)によって変わってきますが、普段の自然回復域の備蓄(各2~3万程度)でも十分攻略(完走)可能です。ただし、明らかに練度不足で無理なのに、無茶してトライし続ける等、あるいは速攻で終わらせたい、というのであれば自然回復域ではかなり厳しくなりますが、資源が底をついても遠征や自然回復での増加を待って再挑戦すれば、終了時まで十分完走は間に合います。

イベント海域は、クリアするためには戦力ゲージを破壊する必要があり、何度も連続してクリアする必要があり、また、連合艦隊での出撃に、支援艦隊を出すとなると、1戦あたりの資源消費量は、通常海域(中盤まで)と比べ、数倍にも膨れ上がります。また、2016春イベントから基地航空隊が実装され、ボーキサイトの消費が著しく増加しているので、注意が必要です。
※この「どのくらいの備蓄が必要か」は、攻略サイトの筆者(提督)の考えによってだいぶ変わります。無理せず、余裕を持たせる事が一番だと思います。

「大規模作戦」のイベントでは自然増加域上限でスタートしても攻略途中で足りなくなり、「資源を溜めて攻略」を繰り返す事が予想されます。1ヶ月ほど前になると規模の発表があるので、大規模作戦だったら、即備蓄を心がけたプレイに徹しましょう。
特に最初の参加が大規模の場合、普段とは比べ物にならないくらいの資源消費に驚くと共に後悔することになるはずです。途中で挫折しないためにも備蓄は重要です。

非課金プレイヤーだけど大丈夫?

艦これは他のカード型対戦ソシャゲと違って、強い札を集めるための課金ガチャが存在しません。(むしろ初期選択艦娘や最初の海域でドロップする艦、デフォレシピ建造で入手できる艦ですら最強になるポテンシャルをもっているのですから…)
また、行動ポイントを消費するシナリオ型の進行もありません。ガンガン進めるために行動ポイントを消費するわけではないので、それを回復する課金アイテムもありません。
これが艦これが非課金で遊べると話題になった理由です。
しかし、…
よく微課金といいますが、最低限修理ドッグの拡張母港拡張(艦娘所有上限の増加)はしておきましょう。

修理ドッグの拡張

ドッグを拡張すれば一度に修理できる艦が増えるので無駄なバケツ使用が減ります。するとしないとでは結構な差が出ます。

母港拡張

イベント初参加の場合、これまで見た事もないようなレア艦がわんさかゲットできます。これまでプレイしてきた通常海域ではゲットできなかったレア艦が、8~15隻はゲットできると考えてください。そうなると、当然初期状態の保有枠95隻(5隻空きがないと出撃できません)では到底足りなくなります。出撃しては余剰艦を近代化改修の素材にさせたり解体させたりする必要がでてきたり、レア艦ゲットの数が増えて泣く泣く育ててきたコモン艦を手放すことに…なんて事になりかねません。是非母港は拡張しましょう。(最初のイベント参加であれば母港枠は120隻は欲しいところです)
ガチャや回復アイテムにくらべたら微々たる投資です。拡張は時限ではない(30日有効の拡張倉庫みたいなものではない)ので1回投資するだけで永久に使えます。

着任して間もなく、戦力的に不安なんですが?

イベント開始時が着任1~2週間程度

素直に攻略は諦め、通常海域での戦力増強、装備の拡充に力を注ぎましょう。運営もそうしてくださいと言っています。
ただ、最初の海域だけは様子見で出撃して、イベントの雰囲気を味わっておきましょう。

イベント開始時が着任1ヶ月未満程度

最初の海域は無難に突破できるかも知れませんが、その先は不安です。しかし、イベントに参加してみることが重要です。そうすると、何が自分の艦隊に足りないか、何をしなければならないかが見えてきて、次のイベントに向けて目標が立て易くなります。

イベント開始時が着任2~3ヶ月程度

提督には2つのタイプがあり、「とにかくどんどん海域を進めていこう」とするタイプと、「準備周到に育成しながらあまりガツガツ先に進まない」タイプです。
前者の場合、お気に入りや「育てた方がいい」と言われた艦娘のレベルはずば抜けて高くなっている場合が多く、それ以外は改になるかならないかの程度でとどまっている特徴があります。
後者の場合は優先順位をしっかりつけてきちんと育成されている艦もいますが、決してずば抜けているわけではなく、平均してみんな練度がそこそこあるという特徴があります。
2ヶ月もやっていれば司令部レベルも100に近く、イベントでも十分に楽しめると思いますが、前者の場合、海域が進むにつれて、絶対的な戦力数(駒)に悩まされるでしょう。同じ艦娘を使い続ける事になるので、高速修復剤の消費も多くなるほか、連合艦隊ではレベルの高い艦娘と低い艦娘が混在し、低い艦娘が足を引っ張る可能性(道中大破撤退のリスク)が高くなってしまいます。一方後者の場合は、トータル的な火力不足に悩まされる可能性があります。
海域も中盤~後半になってくると、通常海域には出てこないような、HPが500以上もあり、装甲がかなり堅いボスキャラが登場します。火力の高いエース級が1隻いても到底沈める事はできません。それに打ち勝つにはバランスのいいデッキ編成と各艦同士の連携が必要になってきます。イベントが近づいてきたら、艦隊全体のレベルの底上げ、ワンランク上の装備の拡充に務め、資源を蓄えましょう。

作戦難易度は何を基準に何を選べばいいの?

3909
最近のイベントは作戦難易度を選べるようになっています。難易度は3段階で、甲・乙・丙の順番で優しくなっています。ただし、司令部レベルが低いと甲作戦等、高難易度は選べません。

「もしかして上のレベルでもいけるんじゃね?」なんて思うかもしれませんが、初挑戦の場合、迷わず丙作戦を選びましょう。それで、イベントがどんな風になっているのか、何が普段と違うのか、準備段階で何が不足していたのか、次までに何をすればいいのかが、ひと通り解かるようになってきます。
いきなり作戦難易度を上げても(たとえクリアできるかもしれませんが、)こちらの被害も大きくなるばかりで、資源消費量が増え、結局次の作戦海域で資源が底を尽いてしまい、先に進めなくなったなんて話をよく聞きます。
最初は参加して楽しむ事に徹しましょう。今まで見たこともないたくさんのレア艦娘に遭遇できます。突破報酬がたくさん貰えます。その上で、きっと「次にすべき事」、「自分のしてきた事の悪かった点」がはっきりして、次のイベントに活かせることができるようになります。

注意したいのは、前イベント前後に着任し、その時は参加できなかったけど、それから時間が経って十分に艦娘も育って、「これなら行けるんじゃない?」と思ってしまう、3ヵ月提督です。
通常海域も結構クリアでき、任務もいろいろやっていると思います。そんな提督は乙作戦で挑んでみましょう。しかし、甲作戦・乙作戦は、ある海域に一度出撃した艦娘は、別の海域には出撃できないという出撃制限が設けられている場合があります。つまり、多数の艦娘がそれなりの練度を持っていないと出撃すら難しくなってきます。特定の艦娘たちを優先的に育てていて、練度の差が開いている場合、乙作戦以上の参加は不可能と言ってもいいくらいです。
厳しいかなと思ったら丙作戦にランクを下げればいいので、是非トライして難しさを体験してみましょう。

余談ですが、司令部レベルが80を越えていて甲作戦が選択できると言っても、最初の参加で甲作戦は絶対にオススメできません。自殺行為です。
甲作戦は、十分な資源・資材の確保、十分な艦娘の練度だけではなく、知識と、装備の充実と改修が必須と考えます。最近の検証では、こちらの装備の改修がMAXでの戦力を想定して難易度が調整されている(可能性が高い)事が知られています。
決して攻略不可能なわけであありません。しっかりした準備と十分な資源備蓄、しっかりとした知識の習得があってはじめて可能となります。
今後、甲作戦は課金プレイヤー(廃人)向けコンテンツになって行く傾向がより一層強くなっていきそうです。

攻略情報をすぐに鵜呑みにしないように

イベントをプレイするにあたり、攻略方法をググって調べるとします。
すぐにも攻略情報がいっぱいの掲示板まとめサイトや攻略ブログがリストアップされるでしょう。
しかし、そこに出てくる大手さんの記事は、「先行RTA組や、先行攻略検証勢が頑張って集めた価値ある情報」ですが、それらの先行勢は十分な練度と装備を備えたベテラン勢です。なので、初めてイベントに参加するようなビギナー・中堅提督にとって必ずしも参考になるとは限りません。とてもじゃないですが、デッキ編成をはじめ、装備等、甲作戦難易度を突破するための情報を真似るのは不可能です。
なので「それら先行攻略情報が全てではありません。」別の方法、もっと簡単な方法はいくらでも出てきます。「あの大手ブログに書いてあったから、こうしろ」と言う人も多いのですが、決してすぐに鵜呑みにしないでください。その記事が初心者向け・丙作戦難易度向けであるとは限りません。

2017冬イベントE1の事例
2017年冬イベント、E1海域は、潜水艦で攻略すると楽勝、と初日から話題が駆け巡り、どの攻略情報サイトも潜水艦・潜水空母を使った編成例が紹介されました。ニコニコ生放送の実況でも、初心者提督さんの生主に対し、多くのリスナーが「潜水艦ないの?潜水艦で攻略・・・云々」ばかりの発言が目立ちました。
待ってください。確かに大淀さんの黒板にも「潜水艦でどうのこうの」書いてありましたが、決して潜水艦がなければ攻略できないわけではなかったのです。むしろ、まだ十分に潜水艦が育ってない司令部レベル100未満の鎮守府において、潜水艦を使う方が大変で、水上艦でやった方がはるかに簡単に攻略できたのです。
「潜水艦編成で楽勝!」というのは、十分に育った潜水艦・潜水空母を持っている鎮守府の話だったのです。

ツイッターを活用してみよう!

6605
「じっくりと、攻略情報が出揃ってくるまで待てない!」という提督さんにおすすめなのは、攻略サイトをググるのではなく、ツイッターを活用することです。
普段フォローしている人のタイムラインしか見ないかもしれませんが、積極的に検索機能を活用してみましょう。そうすると、フォローしている人以外のつぶやきも見れるので、最新情報を探すにはもってこいです。中には動画UP主さんやブロガーさんの更新情報が出ていたり、自分と同じ程度の提督さんの実践情報も見つけることができます。
また先行勢の最新の情報をWikiやまとめサイトより先に入手する事もできるかも知れません。
複数検索語句を使って自分の欲しい情報を絞り込むことにより、より欲しい情報に近づけるかもしれません。

イベントに向けての準備

絶対に「最優先」で育てておきたい艦娘

五十鈴
改二への改造はレベル50と低く、最近のイベントでは序盤に輸送作戦として敵潜水艦を叩かなければならない場合が多くなっています。この五十鈴は、改二になると、艦固有の能力として対潜先制爆雷攻撃ができる(敵潜水艦の開幕雷撃より先に攻撃できる)ようになります。
夕立
改二への改造レベルは55と低く、夜戦火力は現時点駆逐艦最強です。夜戦では重巡クラスはおろかノーマルクラスの戦艦を沈める程のポテンシャルがあります。
時雨
改二への改造レベルは60。雪風についで運が50と高く、夜戦火力を使った魚雷カットインで、大ダメージを叩きだします。
北上
改二への改造レベルは50。最大の特徴は甲標的を使った開幕雷撃です。元々雷撃値も凄い高いので、開幕戦、昼雷撃戦、夜戦でもかなりの活躍をしてくれます。
千歳・千代田
軽空母の航改二への改造レベルは50。軽空母では最大の艦載機搭載数を誇り、特に制空権を取りづらい海域では、その搭載数を活かした運用で優位に進めることが可能になります。
※余裕があればでかまいませんが、水上機母艦を使う場面が出てくるかもしれません。ちとちよを複数育て2隻目は水上機母艦のままにしておくのも有効です。
優先順位は上ほど高いと考えてください。すべて改二への改造が前提です。改のままでは並みの能力+α程度しかありません。(最優先にという意味で他の艦は育てなくていいというわけではありません)
もちろん、それ以外の艦種や自分の好きなお気に入りの艦娘を一緒に育てていきましょう。
ですが、上記最優先艦以外は、全体的に平均してレベルを上げていくことをオススメします。(特定の艦を除くと残りは全く育ててないという事のないようにしましょう。)

「あれ?阿武隈も必須だろ、摩耶が入ってないじゃん」とケチ付ける人もいるかと思いますが、これは「着任間もない提督がまずは最優先に」を念頭にリストしたものです。改二にしてはじめて能力を発揮し、改二改造レベルの高い二人はいずれ必ず必要になってきますが、後回しというより次の目標でいいかと考えます。まずは即戦力です。

イベント開始までに揃えておきたい装備

烈風(艦上戦闘機)
もし、まだ序盤の海域までしか攻略していない(目安としてキス島沖まで)場合、それ程気にしないでも敵航空戦力と渡り合えたはずですが、3-3アルフォンシーノ方面以降を経験すればわかりますが、敵航空戦力に対し、いかに制空を取れるかどうかが攻略の上で重要なポイントになってきます。そのためにも烈風を3~6機は揃えておきましょう。紫電改二との併用でその数に達していてもOKです。
ソナーと爆雷のセット
イベント海域では必ずと言っていい程、対潜水艦作戦がふくまれています。1-5と違って敵ボスは潜水棲姫の可能性も高く、一撃で沈める事はできません。そこでソナー(九三式聴音機・三式水中探信儀)2つと爆雷(九四式爆雷・三式爆雷)のセットを3~4隻分用意しておきましょう。
三式弾・九一式徹甲弾
イベントでは地上型の敵が出てきます。地上なので魚雷等の雷撃は使えないかわりに、三式弾やロケットランチャーなどに対地特攻と呼ばれる特殊効果補正で与ダメージを増やすことが可能となります。また戦艦の装備ですが、徹甲弾があるのとないのとではダメージにかなりの差が出てきます。この2つも同じ開発レシピで開発可能なので3~4セットを目標に用意しましょう。(必須ではありませんが、数があればあるほど優位になるはずです)※ロケットランチャーは入手困難なのでとりあえずは考えなくてOKです。
電探
上記装備がある程度揃ってからで構いませんが、あるとないのとでは、いたるところで差が出てきます。特に索敵値補助や命中率補正、支援艦隊では必須の装備となりますので、ある程度の数を確保しておきましょう。
九六式陸攻
基地航空隊を使うことになりますから、専用機があった方が優位に進められます。なくても使用できないというわけではありませんが、あれば攻略が楽になります。ただし、今のところ専用機は九六式陸攻のみが開発で入手可能です。しかも開発に使用する資源が重いので余裕がある時、早めに少しずつ用意するようにしましょう。
これらの装備は毎日の開発(デイリー任務の4回分)を繰り返し行う事で集めていきましょう。あわてて数十回も開発を試みて資源を無題にしないようにしましょう。
(1週間単位でレシピを変更するとか、目当てのものが出たら変更していくとかで繰り返して行くのがおすすめです)

明石が入手できていたら装備改修も!
1-5や2-5で工作艦明石を入手することができたら、デイリー任務の「装備の改修強化」を使って1日1つづつでいいので、装備を改修強化させましょう。
例えば、主砲を1回強化しただけでも火力は1上がります。
地味な努力ですが、毎日いろいろな装備を改修していけば、艦隊の能力はどんどん上がっていきます。艦娘のレベル上げより効果が高く、レベル上げと装備改修を組み合わせることで、随分と難易度がさがっていきます。

次は、イベント開始後の参加編です。
はじめてイベントに参加する提督への指針【参加編Tips&Topics】

記事が楽しめましたか? 参考になりましたか? ランキング応援もよろしく  → 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット