艦これブログ:通信エラーが発生しました…

人気ブラウザゲーム「艦隊これくしょん」をとことん遊んでみます。ビギナー向けの記事作りに心がけています。

top076

今回の任務は、鎮守府海域の安全を確保せよとのことで、1-3~1-5の各海域を軽巡旗艦で出撃します。特に水雷戦隊である必要はないので、攻略しやすい軽めの編成で出撃すればよいでしょう。
それと、着任2ヶ月が経ちました。
春イベに向けて艦隊強化を推し進めていきたいですね。GW中でしょうか・・・
だとするとあまり時間がありませんね。どこまで出来るでしょう…

【今日の一言】ぅ…お返しされる理由はないのだが…。すまん、来年は必ず用意する。
なんか、毎年それ言われている気が…。来年こそ…ぜひ


続きを読む

top075

挫折を味わい、次につなげるのか?
泣く泣くというか、本当に泣いて甲作戦攻略を諦めました。(まだ時間あるし、もうちょっと頑張ってみれば、とさすがに言えませんでした)
何度出撃してもボスマスにたどり着かず、毎日1万もの資源と何十というバケツを溶かし・・・
ついに乙作戦での攻略に切り替えました。
その途端サクサクと進み、S勝利の嵐。本当に甲と乙の壁は厚いなぁ・・・と見てて思いました。
ぶっちゃけ冗談交じりで乙と甲の違いは「乙は、艦娘も育ち、装備も揃い始めた熟練に達しようとした人向け。甲は課金してくれる人向け」なんて言いましたが、母港以外非課金の甲提督さんだっているので、ぜひ次回に向けてじっくり整えていってくれればと思います。私も頑張る!

0577

続きを読む

top074

無事にイベントをクリアできたので通常記事に戻ります。まぁ、資源とバケツがほぼ底をついているのであまり無茶はできませんが、定期任務前半と単発任務を1つづつ毎日やっていこうと思います。
まずはせっかくオンメンテ明けて家具の入れ替えが行われたので家具職人が貰える任務から挑戦してみましょう。… 甲作戦挑んでいる妹は・・・
うまく行かず泣いています。

【今日の一言】提潮、嬉しいです。提督のこんなお返しを頂けるなんて…感謝いたします!
お気になさらず…


続きを読む

top073

さぁ、いよいよ第3ゲージです。
イベントも後半に入り、友軍艦隊が開放されました。戦力不足、圧倒的な火力不足になってしまう我が艦隊を救ってくれるのでしょうか・・・
水上打撃部隊を試した後、空母機動部隊に変更。
さぁ、佳境突入だぁーっ

0577

続きを読む

top072

桃の節句と夕雲型とどう関係があるのかわかりませんが、とにかく夕雲型が主役のようです。
そこで、ウィークリー任務の『【桃の節句作戦】鎮守府近海の安全を図れ!』も夕雲型を大々的にフィーチャーして挑むことになりました。(もちろん、ほとんどいない私はそんな事しませんが…)
というか、限定マップの攻略はどうなった、と聞くと、相当心が折れているようです…
※この記事は妹提督のプレイをキャプチャしながらの実況レポートです。

0577

続きを読む

top071

えーと、今回の主役は、平戸じゃなく夕雲型です。でも任務をクリアすると、択捉型海防艦が貰えちゃいます。でも平戸は実装されたばかりなのか選択できません(汗
今回は、任務の出てこないブインなつき提督に代わって、妹提督のチャレンジをレポートします。
ちょっとめんどくさそうだけど、ちゃちゃっと終わらせて限定海域攻略の準備に戻りましょう…トのことです。
※この記事は妹提督のプレイをキャプチャしながらの実況レポートです。

0577

続きを読む

top070

いよいよ妹提督、甲作戦でのボスゲージ削りに入ります。
なんとかギミック解除を達成し、短絡ルートが開通。
削りは機動部隊で任務を消化しながらの挑戦となります。
果たして初の甲作戦突破となるのでしょうか…。本人は無理っぽい~と言っていますが…
この記事はプレイ日記です。完全な攻略情報記事ではありませんのでご了承ください。
※この記事は妹提督のプレイをキャプチャしながらの実況レポートです。
※編成・(特に)分岐条件等は、ツイッターやLive配信等様々な情報を参照しています。
Wikiを参照している場合は出典を明記しています。

0577

続きを読む

top068

今回紹介する任務は、鎮守府海域と南西諸島海域での出撃ですが、比較的難易度が低いにも関わらず、褒賞が豪華。急増する改二実装による使用アイテム救済の意味合いが強そうです。設計図交換に必要な勲章か、それとも補強増設か…。悩むところですが、ん~。クリアしてから考えよう・・・
さぁ、行ってきます!
なお、資源が残り乏しいので限定海域攻略はちょこっとだけやっておやすみです。

【今日の一言】司令はん、チョコのお返し、まだやね? 忘れたらあかんで? 待っとるで―!
忘れてた…


続きを読む

↑このページのトップヘ