T348

通常海域では唯一登場する戦艦レ級。これまでイベントでも登場しなかった彼女が冬イベでついに初登場!しかし、ここは冬イベの部隊ではありません。EO海域、サーモン海域北方です。しかも道中とボスマスで3回も対峙。戦艦離れしたチート艦とも言われる能力を有する彼女はまさにラスボスの貫禄。
そんな海域ですが、EOである以上毎月挑む必要もいずれは出てくるでしょう。果たしてこの海域にクリアする事はできるのでしょうか…。
例によって複数回でのレポートです。
※この記事は攻略指南のためのものではなく、あくまれプレイ記録です。Part1は海域情報を中心にまとめてあります。
ケッコン艦がいない編成、強力な主砲をまだ持っていない中堅クラスでの挑戦です。


海域(MAP)概要

6600
海域名サーモン海域北方
作戦名:第二次サーモン海戦
作戦内容:南方海域に敵の有力な機動部隊の接近が確認された。空母機動部隊を以て、これを迎撃せよ!
獲得経験値:450
主な出現アイテム:弾薬
クリア条件:ボス艦隊旗艦「空母ヲ級改flagship」の撃沈で20%減少。 5回撃沈で海域クリアで20%減少。5回でクリア

6599 通常海域で初となる、「レ級ちゃん」こと、戦艦レ級が登場する海域です。
戦艦のくせに艦載機とばしてくるわ、対潜攻撃可能だわ、エリレは開幕雷撃してくるわ、容姿のわりに凶悪きわまりなく、航空戦で1隻大破、開幕雷撃戦で1隻大破、砲撃戦で2隻大破、終幕雷撃戦で1隻大破させるポテンシャルを持つ、まさに鬼・姫を除くと最強の深海棲艦なのです(おおげさ?)
もちろん、ボスではなく、道中から登場し、こちらを苦しめてきます。(ボスはフラヲ改)
とはいえ、こちら側も十分な戦力が整っていれば絶望するほどでもないので頑張る価値はあるし、いずれランカーを目指すのであれば、EO海域なので戦果報酬のためにも、攻略は必須となってくるでしょう。

N333
任務:精鋭「第八駆逐隊」突入せよ!
「荒潮改二」を旗艦とし、僚艦に「第八駆逐隊」から1隻を配備した精鋭第一艦隊でサーモン海域北方に突入、同方面に接近する有力な敵艦隊を捕捉、同方面の敵戦力の漸減に務めよ!
報酬:800、800、0、800、改修資材x4、補強増設

ネジが貰える任務の一つです。また補強増設まで貰えちゃいます。
荒潮改二実装で登場した任務で、5-5EOで2回A勝利以上でクリアとなります。八駆4人揃える必要はなく(そもそも、ここでそれは不可能に近い鬼畜レベルでしょう…)、荒潮改二を旗艦とし、随伴として、八駆の朝潮・大潮・満潮の中から任意1隻を選び、残り4枠は自由になっています。
とはいえ、普段ガチの大型艦編成で回るこの海域で駆逐艦2隻を入れなければならないので結構大変でしょう。A勝利でいいので、ボスマス潜水艦を無視したいところですが、駆逐艦の攻撃は吸われてしまうので、4隻で決着を付けなければなりません。
報酬資源は、八駆にちなんでか鉄鋼を除いて800ずつです。
(この攻略記事は別の機会に掲載する予定です)

E風吹くOPERATION AREA

6601
一般的なルート
マス
敵前衛警戒部隊
敵任務部隊前衛
敵水上打撃部隊
敵任務部隊本隊
A→D→E→N
軽空母1隻を含む空母3隻以上、または高速艦統一でこのルートとなります。ほとんどの場合、このルートでの攻略となります。敵もそれなりに強いので、こちらもガチな火力編成で挑みます。

ルート固定は不可能で、Eマスで雷巡2隻以上で高確率でLに逸れる他は、80%程度の振り分け率でボスマスへ到達します。Lに逸れることを「E風が吹く」と形容され、ストレートでクリアする事もあれば何度も逸れてイライラする事もあります。
※E風=Eマスの事ではなくE(東)に逸れることをもじったもの。

A:敵前衛警戒部隊
いきなり最初のマスにレ級が登場します。その他は、軽母ヌ級flagshipや重巡リ級elite、軽巡ヘ級flagshipが登場。中には潜水艦カ級eliteが含まれるパターンもあります。
ここから3方向へ分岐。潜水艦3隻以上でF固定、高速統一あるいは、正規空母2+軽空母1を含む編成でD固定、それ以外はCとなります。

D:敵任務部隊前衛
空母が中心となる打撃部隊。戦艦タ級が含まれますが、レ級の前にかすんでしまう彼女です。
空母4隻パターンがあり、敵制空値は171。確保を得るには513も必要となります。

E:敵水上打撃部隊
可愛い容姿とは裏腹に多くの提督にトラウマを植え付けるエリレが旗艦の打撃部隊。空母がいないのに、このエリレだけで制空107を有します。
全ての攻撃手段を持つエリレ。開幕雷撃で正規空母も一撃大破を食らってしまいます。もはや祈るだけの運ゲーなのでしょうか…。
折角抜けたと思ったらE風吹いてLにそれる事も。まさにこのルートの鬼門です。

N:敵任務部隊本隊(ボスマス)
前哨戦・最終形態とあり、クリア後は更にボーナス編成が含まれます。
旗艦は空母ヲ級改flagshipですが、最終形態にはまさかの南方棲戦姫が登場します。
前哨戦での敵制空値は237。最終形態は251。前哨戦でも制空確保を取るためには711必要ですが、まぁ、無理して確保取る必要はありません。むしろ火力不足に陥るだけですから。

その他のルート
潜水ルート(A→F→G→N)
唯一のボス確定ルートで、エリレのいるEマスを回避できますが、それでも潜水艦にはちょっと荷が重く大破撤退のリスクが高くなっています。潜水艦3隻を含むとこのルートになるので、大和型をはじめとする高火力を組み込み、支援も必須となるでしょう。

ドラム缶ルート(B→K→J ・M→I→G or H→N)
ドラム缶装備艦が4隻以上&ドラム缶総数が5つ以上かつ高速統一でこの下ルートとなりますが、羅針盤に3回勝たないとボスに行けません。敵も強力なのは変わりなく、ドロップ艦がいいわけでもないので、無理して使うメリットはありません。

どんな編成で挑むか

火力重視の王道編成
6607
敵がそれなりに強いというより、レ級による一撃大破を食らうリスクがあるため、こちらもそれなりの戦力で挑む必要があります。制空権を取るのはもはや当たり前。戦艦の火力を生かして連撃・弾着で1発で黙らせて、こちらの大破リスクをできる限り抑えます。
それでも事故は起こります。必要なのは、その「リスクを減らすためのことをする」事です。
旗艦に軽空母を置くのもその一つですが、更に、軽空母には艦攻・艦爆を載せない事で砲撃戦での攻撃をパスさせます。これによって、他の艦が軽空母より必ず先に攻撃するようになります。
戦艦も大和型を始め高火力のものを投入。主砲もできるだけ火力の高いものを選び、本来ならば、改修もしておくべきでしょう。

6606s
▲クリックで拡大(制空権計算機
ボスマスでの制空確保を取る事はできませんでした。とは言っても削り時でも確保は750以上必要となるため、道中での事を考えると、こちらの制空値は430程は欲しいところです。

第八駆逐隊を含む編成
6616
ただでさえ、エリレの一撃が怖い相手に駆逐艦2隻を含ませなければならない、この任務(『精鋭「第八駆逐隊」突入せよ!』)。空母3隻入れるわけにはいかないので、どうしても高速艦統一で挑む必要があります。空母は2隻が限界なので、橘花改を導入して制空値を稼いでいます。

6618
▲クリックで拡大(制空権計算機
航空優勢がやっとです。

支援艦隊も視野に…
6615
穴を開けてダメコンを積めば、突破率は高まりクリアも楽となります。EO海域ですので、一度クリアすればいいというわけではなく、毎月お付き合いすることになるので、そして資源消費もそれなりに高くつきます。どうせ、何度も大破撤退を繰り返し、補給だけでなく修復コストもかさむようであれば、リスクを減らすためにも支援艦隊を出すのは無駄ではないはずです。

E風が吹かない艦隊出撃!

6612
しっかり制空をとって(優勢以上)戦艦が弾着・連撃できるようにします。
一撃で黙らせないと、今度はこっちがやられる事になりますからね。

6613
それでもEマスのエリレはやっぱり天敵。
開幕雷撃で加賀さんが一撃大破。戦艦ですら中破以上にさせられます。
祈るだけの運ゲーと言っても、それはやるべき事をやってリスクを減らした上での話である事には違いありません。

6614
支援射撃で随伴艦をいくつか沈めると言う事は、それだけこちらが砲撃戦で強敵に対し、先制できるチャンスが広がると言う事でもあります。

6619
にこやかな顔してえげつないエリレが主役だった…

6620
Eマスさえ突破できればなんとかなりそうですが…

6621
八駆の任務はA勝利以上でいいので、うまくEマスを乗り切れれば、取りこぼしがあってもチャンスはありそうです。

記事が楽しめましたか? 参考になりましたか? ランキング応援もよろしく  → 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット