T124

さぁ、いよいよ4-5カレー洋リランカ島沖(EO)に挑戦開始です。
ルートをある程度自身で固定できるので楽とおもいきや意外と大変。結構強いですからねぇ。
果たして現在の錬度で突破できるのでしょうか・・・
例によってMAP解説編と実戦編に分けて紹介、解説していきますが、何分強い敵です。そして3-5に続き、地上(港湾)型深海棲艦が登場します。そのため実戦編も削りとラスダンの2回に別れています。


OPERATION AREA - 港湾地上型深海棲艦登場!

3051
海域名カレー洋リランカ島沖
作戦名:深海東洋艦隊漸減作戦
作戦内容:我が艦隊により大打撃を受けた敵東洋艦隊がリランカ島の港湾に再集結しつつある。遊撃部隊を編成し、敵増援を撃滅せよ!
獲得経験値:対戦マスによる
主な出現アイテム
マップクリア条件:ボス戦旗艦撃沈ごとにゲージ20%減少。5回の撃沈でクリア(ラストは最終形態)
ゲージは毎月末でリセット。毎月チャレンジ可能。

戦力ゲージ付きマップ

7292
2-5、3-5に続き、EO海域ならではの戦力ゲージが存在します。ボス戦旗艦撃沈ごとにゲージ20%減少。5回の撃沈でクリアとなります。イベント等限定海域と違い、与ダメージに応じたゲージ減少ではありません。

初の能動分岐マス

AマスとBマスは、これまでの海域にはない通称「能動分岐マス」が登場します。このマスには戦闘がなく、分岐先を羅針盤ルーレットではなく、プレイヤーが選ぶ事ができます(行き先のマスをクリックして選択します)。
編成条件等でルートを選別することができるわけです。
この海域ではBマスの場合、Cマスを選ぶと、道中戦闘は3回になりますが、敵編成はやや弱くなります。一方、Eマスを選ぶと道中戦闘は2回ですが、Eマスは夜戦マス、更にHマスもJマスより強い編成となります。ただ戦闘回数が少ない分、ボスマスでの弾薬ペナルティを受けることなく全力で立ち向かう事が可能となりますので、ラスダンで挑む場合などには夜戦ルートを選ぶのもありです。(あくまで自身の艦隊練度との相談)

地上(港湾)型港湾棲姫

6281 3-5の北方棲姫(ほっぽちゃん)に続き、港湾棲姫がボスマスに登場します。
装備等で2形態あり、通常は艦載機を積んで攻撃してきますが、最終形態となると要塞砲・徹甲弾を装備し、砲撃してくるだけでなく、夜戦でカットインをかましてきます。
地上型なのでこちらの雷撃は通用しません(艦載機艦攻による雷撃は通用します)。そのため、夜戦火力に雷装値が乗りません。
また、艦爆を載せた艦娘は砲撃戦時に陸上型を攻撃対象にしません(随伴艦を攻撃する場合、あえて艦爆を搭載する主砲もあります)。
地上型なので三式弾特攻が有効ですが、敵が最終形態の場合徹甲弾を持っているため、狙われやすくなってしまいます。最終形態出ない場合は重巡に三式弾をもたせることにより昼戦でもかなりのダメージを与えることが可能ですが、最終形態では耐久490、装甲183(装備込み)と非常に硬くなるうえ、無傷からだと夜戦での三式弾連撃であっても2発クリティカルを発生させない限り一回の行動で仕留めることはほぼ不可能です。重巡が有効打を入れるには無傷~小破であることが絶対条件となります。

OPERATION AREA - ルート解説

7297
大きく北ルート、中央ルート(夜戦回避ルート)、南ルートに別れます。
軽巡1隻+駆逐艦2隻+重巡1隻を編成に入れることで北ルートになります。ボス戦での火力や索敵値の関係で必然的に残り2隻の枠は戦艦と正規空母になるでしょう。北ルートはゲージ削り向け(それでもあまり推奨されません)で、最終形態は火力不足になり向きません。
今回はマス紹介を含め、北ルートに挑戦していますが、通常の攻略では(レア艦狙い等)よほどの事がない限り、このルートで攻略する必要はありません
戦艦+空母の合計が3隻以下で編成すると南ルート。4隻以上になると、1戦増えてしまいます。この1戦が夜戦マス(E)となります。
中央ルートではFマスが潜水艦が出てきますが、それ程脅威ではなく、安定の中央か、火力重視の南かを考えて編成する必要があります。

3071 A・B・G:能動分岐
イベントを除く通常海域では初になるであろう、能動分岐ポイントで、これからの進路をプレイヤーが選択できるマスです。もちろん戦闘等はありません。

リランカ島港湾守備隊(M)(ボスマス)
削り段階では4つのパターンがあり、それぞれ編成、強さが異なります。港湾棲姫の他、護衛要塞、戦艦ル級改フラグシップ、駆逐ハ級・イ級後期型が登場。
最終形態ではワ級輸送艦、重巡が登場します。

北ルート

編成が、軽巡1+駆逐2+(潜母/練巡/水母/軽空/航巡/重巡/軽巡/駆逐)1を含むとAマスに進みます。(それ以外はBマス)
Aマスの能動分岐でDを選ぶと、東洋方面威力偵察部隊(D)、Gの能動分岐、東洋方面後方兵站部隊(I)を経由してJマスに合流します。

東洋方面威力偵察部隊(D) Aマスは能動分岐マスです。もちろん、今回は、北ルートなのでDマスを選びます。
Dマスは、東洋方面威力偵察部隊。偵察部隊のくせに、リ級改flagshipとリ級flagship2隻、ツ級eliteが出てきて、一撃で大破されることも多々・・・。

東洋方面後方兵站部隊(I)
Gマスも能動分岐です。ここでは、Iマス方面を選択。
ここはワ級輸送艦も出てきます。
このマスでZ1リベッチオがドロップしますが、激レアです。

中央ルート

7295 Bマスに進んだ場合、能動分岐で中央を選ぶと、東洋方面反攻先遣隊(C)、深海東洋方面潜水艦隊(F)を経由します。戦艦系+空母系が3隻以下だとJマスへ、それ以外はHマスへ進みます。従って戦艦系+空母系3隻以下が望ましいでしょう。
Jマスは深海東洋方面増援艦隊、Hマスは深海東洋艦隊機動部隊。Hマスは軽巡棲姫や白たこ焼き艦載機を載せたフラヲが出て来るので格段に強くなります。

5124 C:東洋方面反攻先遣隊
戦艦タ級フラグシップ艦をはじめ、最初から結構手ごわい相手が出てきます。駆逐艦ですら、後期型と言われる能力の高いものが出てきます。

3071 F:深海東洋方面潜水艦隊
潜水艦マスです。3~4隻で6パターンの強さがあり、当たり外れ様々。特に対潜装備を用意する必要はなく、上手く乗り切ればOK。
戦闘後のルーレットでは、戦艦+航戦+空母系の合計が3隻以下だとJマスへ行きます。それ以外はHマスへ行きます。

3071 J:深海東洋方面増援艦隊
ヌ級フラグシップ艦空母、タ級フラグシップ艦戦艦、ネ級エリート艦重巡が出てくるマップ。一撃が大きいのである程度の被害は覚悟した方がいいかも知れません。空母1隻なので制空権はそれ程必要ありませんが、結局ボスマスでの制空権争いは相当厳しいのである程度の空母戦力は必須となります。ここの分岐は索敵値判断ですが、潜水艦が含まれていると無条件で逸れます。

下ルート

7296 下ルートは道中2戦と戦闘が少なく済みますが、Eマスは夜戦マス。容赦なくカットインしてきます。更に上に述べたようにHマスも強敵です。ラスダンで戦艦4+正規空母2等ガチ編成を組んで挑む場合に使用します。

5125 E:東洋艦隊新編水上打撃部隊(夜戦マス)
Eの夜戦マスでは、戦艦タ級エリート艦を始め、重巡リ級フラグシップ艦、ネ級エリート艦が出てきます。敵も当然夜戦カットインを出してきます。重巡ですら大和型を一撃で大破させるほどの破壊力です。そのため、照明弾を持参するなどして、カットイン発動率を下げるなどして出来るだけ被害を減らすようにしましょう。

5126 H:深海東洋艦隊機動部隊
Hマスは、軽巡棲鬼や空母ヲ級フラ艦(白たこ焼き)、戦艦ル級改のフラ艦など、かなり強力な敵を相手にしないとなりません。夜戦を含む2戦でボスに行くか、潜水艦を含むやや弱い3戦ルートを取るか、自身の艦隊練度と相談になるでしょう・・・

どんな編成で挑むか…

7302
北ルート編成
このブログでは北ルート攻略を推奨していません。Aマスへ行く条件を満たした編成です。
ただボス戦では相当きついかと思います。よほど道中のレア艦狙いであればやってみる価値もあるかと思いますが…
なお、駆逐艦にロケットランチャーを乗せれば砲台小鬼に対応することも可能ですが、それでも港湾棲姫を落とすのはちょっと厳しいかもです。

7304
中央ルート用編成。前哨戦・ラスダン両用
戦艦系+空母系3隻という条件の元、火力重視で高速戦艦ではなく大和型・長門型を使っています。(削り段階では金剛型でも大丈夫でしょう)
重巡にも三式弾を搭載しています。
空母は加賀さん一択でいわゆる艦戦キャリア。制空優先です。加賀さんの攻撃がなくとも、他の艦の火力でカバーするようにしています。

6514重巡3+空母3編成による中央ルート用
現在の削り段階で主流となっている編成です。
本当であれば、中破になっても攻撃できる装甲空母3隻が理想と言われています。空母3隻を投入することで昼戦火力はなんとかなりますが、夜戦は重巡に頼るしかありません。そのため、昼戦でできるだけ敵を沈めておく必要があります。道中で中破を食らってしまって、砲撃戦に貢献できないと、それだけ削りきれないリスクが高まってしまいます。
航巡枠として利根さんを採用しているのは、潜水艦マスでの無条件敗北を防ぐため(この重巡+正規空母では潜水艦に攻撃ができません)でもあり、航空戦で水上爆撃機が撃ち落とされて0になるのを防ぐため利根筑を使います。航巡枠として2隻採用する攻略サイトもあります。

7303
下ルート、中央→Hルート編成
伊401を投入しデコイ役とした下ルート編成です。デコイ役なので攻撃力はあんまり考慮していません。穴をあけていてダメコンを積ませます。大破しても姫の攻撃を一手に引き受けてくれるだけでなく、割合ダメージで轟沈することはまずないと言われています。
加賀さんはいつもどおり艦戦キャリアで、ボスマス優勢以上取れるようにしています。その他は決戦仕様の重量級戦艦を並べています。夜戦マス対策で扶桑さんは水爆ではなく、照明弾を積んで、更に三式弾を装備しました。

記事が楽しめましたか? 参考になりましたか? ランキング応援もよろしく  → 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット