T381

これまで対潜値が100を越えないと対潜先制爆雷攻撃ができなかったわけですが、海防艦はなんと対潜値60で可能、更に海防艦自体の対戦能力が初めから高いので、未改造の状態でも可能になっています。択捉は最短レベル3で可能という速さ。
更に同時期に登場した新しい軽空母大鷹(春日丸からの改造)は特定の艦攻を積むことで対戦先制攻撃が対潜値65から可能になり、これまで不可能だった「ボスマスでの完全勝利での4隻先制爆雷」を可能にさせました。
これによって、1-5の周回が大きくコストダウンし、1-5周回派のランカーにとっては大きな収穫となった17春イベでした。
とは言っても現状春イベ参加者で大鷹を取得していないと実現できないので、そうでない場合は、今後の再取得に期待するしかありません。
大鷹・海防艦を使わない通常の1-5攻略は『対潜先制爆雷攻撃で楽にクリア・任務消化する鎮守府近海なのです!』をご覧ください


海防艦の登場で変わる1-5周回

7030
17年春イベントで登場した海防艦は対潜哨戒・攻撃に適した艦種です。
驚くことに初めから対潜値が高く、レベルが上がると共にどんどんその値も増えていきます。
更に艦種固有の能力として、これまでの対潜先制爆雷攻撃の発動条件とは違い、対潜値60で発動可能になります。択捉はなんと、レベル3で四式ソナー2つ搭載でこの値に到達してしまいます。
また同時期に実装された軽空母大鷹(入手時は春日丸)は、対潜値65以上で九七式艦攻(九三一空)か天山(九三一空)を搭載すると先制対潜爆雷(艦載機からの投下)が可能となります。
軽空母はボスマス到達のルート固定要員ですので、海防艦3隻+大鷹で4隻による先制攻撃ができてしまうのです。(ただし、大鷹による先制は艦載機からの攻撃で練度が低い場合必ずしも沈められるわけではありませんが…)
海防艦は改造前から投入可能なので、所有していれば低燃費な1-5周回が実現します(海防艦の修復コストも低い)。

大鷹改の実力
最初から対潜値が73あり、4スロットになる大鷹改は対潜要員だけではなく、様々な用途で運用できるようになります。
艦攻は対潜値を持った艦載機であればOKとなり、更に三式指揮連絡機(対潜)やソナーも搭載可能となります。

7056
先制攻撃は、艦攻からの爆雷投下という形で行われます。

7055
カ級エリートを反航戦でも撃沈。

7065
もちろん、艦爆も先制攻撃します。

大鷹+未改造海防艦での周回

7052
このような低レベル編成でも装備次第ぜ全艦対潜先制攻撃が可能となります。
ただし、大鷹には九七式艦攻(九三一空)等が必要になるので龍鳳(大鯨からの改造)を所持しているかランカー報酬を手にしているかのどちらかが条件となってしまいます。
そうでない場合は頑張って育てて「改」にしてからの実践投入となるでしょう。

7057
低レベルの海防艦でも十分敵潜水艦を沈める事ができます。

7058
大鷹から艦載機が飛び立ち、攻撃します。

7059
なんとボスマスで完全勝利を得ることができました。

素の対潜値 対潜値100に届く装備組み合わせ
64 四式水中聴音機×3
68 四式水中聴音機×2+三式爆雷、四式水中聴音機+三式水中聴音機×2
70 三式水中聴音機×3、四式水中聴音機+三式水中聴音機+三式爆雷
72 三式水中聴音機×2+三式爆雷

素の対潜値 対潜値60に届く装備組み合わせ
36 四式水中聴音機×2
38 四式水中聴音機+三式水中聴音機
40 三式水中聴音機×2、四式水中聴音機+三式爆雷
42 三式水中聴音機+三式爆雷

大鷹改+海防艦での周回

7061
大鷹と択捉が「改」になった時の編成です。
大鷹改は九三一艦攻とソナーの組み合わせで対潜値100を越えています。択捉改は、スロットが3つになったことで新シナジーを試してみました。
なお、無理にシナジー効果は使わなくて、ソナーを3つ搭載した方が攻撃力・命中率共に高くなります。

7062
やっぱり攻撃力上がったなぁ…

7063
大鷹さん、撃ち漏らしました。しむしゅしゅしゅ~が開幕雷撃で狙われています(笑)

7064
怒ったしむしゅしゅしゅ~が反撃で見事撃沈!

ソナー+爆雷の新シナジー

これまでソナーと爆雷を合わせて装備すると、シナジー効果として与ダメージに増加補正がかかることが知られていましたが、新しく登場した爆雷(軌条式投下)も合わせて搭載すると、従来のソナー+爆雷投射機のシナジー効果に加え、更にソナー+爆雷投下機+軌条式爆雷のシナジー効果も上乗せされるようになりました。これにより最大1.4375倍の乗率で増加。更に軌条式爆雷のキャップ後補正が加算されます。

組み合わせ 効果
軌条式爆雷・爆雷投射機・ソナー 1.4375倍
爆雷投射機・ソナー 1.15倍
軌条式爆雷・ソナー 1.15倍
爆雷投射機・軌条式爆雷 1.1倍
なお、このシナジー効果は、基本攻撃力に対して乗算されます。潜水艦に対する基本攻撃力は水上艦とは異なり、以下のように計算されます。
基本攻撃力 =√(素の対潜) × 2 + 装備対潜 × 1.5 + 改修強化値(対潜) + 艦種別定数
艦の持つ素の対潜値より装備の対潜値の方がはるかに重要だということがわかっています。
※爆雷キャップ後補正は、装備した九五式爆雷、二式爆雷の数に応じて対潜攻撃のキャップ後攻撃力に定数値が加算される。(九五式爆雷装備数:1、二式爆雷装備数:2)二式爆雷装備数を2つ装備した場合、対潜攻撃力に4加算されます。

関連記事
記事が楽しめましたか? 参考になりましたか? ランキング応援もよろしく  → 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット