T486

Stage1 再打通作戦発動
こちらの記事はこれまでわかったてきた攻略情報を元に色々なトピックを紹介していきます。実践記は甲作戦でトライしていますが、ここのトピックは各作戦共通です。
前編は海域情報です。右側ルートについても紹介しています。

8003

再打通作戦発動 - ブリーフィング

8000
海域名リンガ泊地沖
作戦名再打通作戦発動
作戦内容:警戒隊によりリンガ泊地周辺の哨戒および後方兵站線の安全を確保、西方西打通作戦準備を実施せよ!警戒隊、抜猫!
海域経験値:作戦難易度・マスにより異なる
クリア条件:敵戦力ゲージを破壊。(ボスマス旗艦に与ダメージ量に応じて減少、最終的には撃沈させないと破壊されない)
艦隊制限等:戦艦、正規空母・装甲空母は出撃不可

右側のマスから攻略

8052
中央にスタート地点があり左右にわかれて航路が伸びます。右側にボスマスがあるので、一見左を進む必要性を感じません(無視しても突破可能です)。
春イベで登場した、「何、このルートは?」的なマップにはきちんと意味を持たせてあります。一つは資源救済、そして装甲破砕効果のための攻略です。

マス解説
能動分岐マス
スタート地点から右に行ったIマス・Jマスは脳像分岐マスです(「穏やかな海だった」)。
この先どちらに進むかはプレイヤーが決める事ができます。

深海東方通商破壊部隊 B群(H)
深海東方通商破壊部隊 A群(K)
ぶっちゃけ水雷戦隊ですので、ほとんどダメージもなく突破できます。明確に資源救済ルートと呼んでもいいでしょう。
Kマスでの分岐は、編成が軽いほうがQに行きやすいと言われていますが甲作戦ではかなり条件が厳しいようです。丙作戦ではQに行けた編成でも甲ではNGでした。


寄港マス(ゴール地点)

8039
Mマスは、1-6や春イベントでお馴染みの港に寄港(ゴール地点)となり、戦闘はありません。資源を調達することができます。Mマスにゴールすると、Qマス(同じくゴール地点)が登場します。
Mマスはボーキサイト、Qマスでは燃料を受け取る事ができます。
なお、編成が重いとQマスには行かずMマスに行きます。これを利用して不足しがちなボーキサイトを大量に調達することが可能となります(獲得量は50or100)。
Qマスへ到達すると、新しいルートが登場します。

マス解説
深海東方通商破壊部隊 C群(H)
上のA群、B群の中間くらいの強さです。

深海東方通商破壊部隊 C群(H)
潜水艦が出てきます。
新ルート発生後は、索敵条件分岐となりますが、編成が重いと無条件で逸れます。Oマスは戦闘回避の末端です。

深海南方配備魚雷艇部隊 II群(R)
深海南方配備魚雷艇部隊 I群(S)
PT小鬼群の編成で、Rマスはそれのみの編成、Sマスは更に駆逐イ級後期型eliteや輸送ワ級eliteが加わります。とにかく回避されまくりです。なお、Sマスでは狭霧がドロップします。

K・Sマスと装甲破砕ギミック(?)

8040
K・SマスにはPT小鬼群の編成が登場します。今回実装された天霜が魚雷艇「PT-109」との衝突したことに由来したためでしょうか。(ちなみに東急グループの109とコラボが開始された)
なお、確定情報ではありませんが、PT小鬼群の撃沈数が一定数に達すると装甲破砕ギミックが発生する模様です。

8038
なお、港、ルート解放後に難易度変更を行うと、リセットされ初期状態に戻ってしまいます。

PT小鬼について

8037
2015年秋イベントで魚雷艇と呼ばれるPT小鬼は、小型の艦艇で、大型艦はほとんど攻撃の効果がありません。回避しまくりです。しかし、駆逐艦の砲撃やに関しては有効です。また、PT小鬼特攻があり、機銃2つ以上で110%、小口径主砲2つ以上・副砲2つ以上で120%(軽巡・雷巡は除外)、三式弾130%の補正効果があると言われています(その後仕様変更があったため)。
HPの異なる複数タイプが存在します。

左側ボスマスまで

8053

8015 ボスに向かうには、戦艦・正規空母・装甲空母を含まない編成で、Fに向かう最短ルートと、Iに向かい能動分岐でJ→Gへ向かう2つのルートがあります。
下ルートは道中2戦、敵編成も軽めです。
恐らく駆逐3以上でIへ向かうと思われます。
こちらには、春イベで新規に登場した軽空母ヌ級改flagshipが、そして今イベントで登場した重巡ネ級flagshipが登場します。どちらも従来型に比べ更に強くなり、「鷹型」新型艦載機を積んでいます。軽巡といえども一撃で中破以上にさせられることもあり油断できません。またネ級もこの鷹型艦載機を飛ばしてきます。ボス到達率をあげるには道中支援を出すことも視野に入れた方が良さそうです。

上ルートマス解説
駆逐艦が2隻以下だとFに向かいます。
基本的に航戦+軽空母+軽巡2+駆逐艦2編成が推奨です。潜水艦隊のマスがボスマスを含み2つ(水上艦混成)、水上艦マスが2つです。

深海東方警戒部隊 A群(F)
重巡リ級がいきなりの脅威となります。戦艦クラスは含まれませんが事故ることも多々報告されています。少しでも道中撤退リスクを減らしたい場合はやはり道中支援は出した方がいいかもしれません。

深海東方侵入潜水艦隊 I群(E)
毎度のカ級ばかりの潜水艦隊。もちろん旗艦はカ級flagshipですが、1-5とは違い陣形が陣形なのでそれ程の脅威はありません。

深海東方侵入機動部隊
春イベで新たに登場した軽空母ヌ級改のflagship艦が登場します。もちろん「鷹型」艦載機を飛ばしてきますので、軽巡と侮ってはいけません。

深海東方侵入潜水艦隊 旗艦(ボス)
新登場の深海棲艦 潜水新棲姫。甲作戦のHPは丙作戦の倍以上あり、オーラを放っています。

下ルートマス解説
深海東方警戒部隊 C群(G)
軽巡・雷巡を中心にした水雷戦隊です。

深海東方警戒部隊 B群(D)
重巡リ級flagshipを旗艦とする編成です。一撃大破もあり得ます。

次は編成紹介と実践編です。
次の記事

記事が楽しめましたか? 参考になりましたか? ランキング応援もよろしく  → 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット